茶道家(さどうか)

茶道には多くの流派(りゅうは)があります。裏千家(うらせんけ)表千家(おもてせんけ)武者小路千家(むしゃこうじせんけ)が有名ですが,他にも綾部(あやべ)流などがあり,流派(りゅうは)によってお茶のたて方や()()()()いの作法などが(ちが)います。茶道家になるには,流派(りゅうは)に入門し,弟子になることから始めます。茶道は家元制度(せいど)から成り立っており,入門した後は,茶道に関するさまざまな作法や心得を習得し,茶の道を極めていきます。師範(しはん)免状(めんじょう)を取得すれば,茶道家として茶道教室に勤務(きんむ)したり,自分で茶道教室を開いたりすることができるようになります。

茶道家

「茶道家」の他の呼び方:茶人、茶道講師

あしたね仕事人インタビュー(「茶道家の仕事」に関する職業インタビュー)