神職(しんしょく)

神職しんしょくは神社に所属しょぞくして、参拝さんぱいに来る人のために神社を管理し、神道の各種儀式ぎしきをおこないます。神社がおこなう儀式ぎしきは、地鎮祭じちんさい神葬祭しんそうさい結婚式けっこんしきなどから七五三、お祭りなど多岐たきにわたります。そうした儀式ぎしきを通して、日本古来の伝統でんとうやしきたり、文化を後世に伝えて、神道の教えをひろめます。参詣さんけい者が気持ちよく参拝さんぱいできるよう、つねに掃除そうじをして神社を清浄しょうじょうにたもつというのも、地味ではありますが神職しんしょくの大切な仕事の一つです。一般いっぱん神主かんぬしばれることが多いようですが、神職しんしょくが正式な職業しょくぎょう名です。

神職

「神職」の仕事内容と共通点がある職業

僧侶葬儀屋

「神職」の他の呼び方:宮司、神主

あしたね仕事人インタビュー(「神職の仕事」に関する職業インタビュー)