瓦葺き職人(かわらぶきしょくにん)

日本建築けんちくの屋根をかわらでおおうことを「かわらく」と言います。瓦葺かわらぶ職人しょくにんはそのかわらくことを仕事としています。家の建材はさまざまですが、その中でもかわら一般いっぱんの工業製品せいひんとちがって、焼いて作っているため、一まいずつの形状けいじょうがそれぞれ微妙びみょうにちがっています。さらにそのかわらく屋根の形状けいじょうは家によってさまざまです。かわらくことだけに特化した瓦葺かわらぶ職人しょくにんがいるのは、屋根にかわらく作業には特別な技術ぎじゅつ熟練じゅくれんが必要だからです。瓦葺かわらぶ職人しょくにんになるためには特別な資格しかくは要りませんが、一人前の職人しょくにんになるには10年はかかると言われています。熟練じゅくれんしたかわら職人しょくにんは歴史的な日本建築物けんちくぶつを手がけることもあります。

瓦葺き職人

「瓦葺き職人」の仕事内容と共通点がある職業

大工建築士建築士(設計士)工務店庭師サッシ販売業鳶職表具師

「瓦葺き職人」の他の呼び方:瓦葺職人、瓦職人、瓦施工業、瓦工事業

あしたね仕事人インタビュー(「瓦葺き職人の仕事」に関する職業インタビュー)