水先人

水先人は,多くの船がう港やかいきょう,内海において,船長のアドバイザーとして船に乗りこみ,船を安全にこうりつよく目的地までみちびきます。つうじょう,船は船長ので航行していますが,港ごとの地形や海流など,すべてを覚えててきせつたいおうするのはのうです。そのため,水先人のアドバイスが求められるのです。水先人として仕事をするにあたって,日本の場合は,しょくを行うすいいき(水先区)ごとに水先人めんきょが必要です。水先人は,そうせんしきに加えてそれぞれのすいいきのことを知りつくしたエキスパートであり,各すいいきにおける航行の安全を守っているといえるでしょう。

以前は大型船の船長けいけんしゃしかなれないしょくぎょうでしたが,2007年にほうりつが変わり,船長や航海士のけいけんがなくとも,ていの教育ていしゅうりょうし国家試験にごうかくすれば水先人になれるようになりました。そうせんしきすいいきに関するしきのほかに,外国船の船長や乗組員とのやりとりは英語で行われるため,あるていの英語力も必要になります。

水先人

「水先人」の仕事内容と共通点がある職業

船長航海士

「水先人」の他の呼び方:パイロット、水先案内人

あしたね仕事人インタビュー(「水先人の仕事」に関する職業インタビュー)