木材加工

原木を加工して,さまざまな木材せいひんを作るのが木材加工業です。せいざいぎょう,集成材せいぞうぎょう,合板せいぞうぎょうなどがふくまれます。せいざいひんは,原木を一定の大きさにいて作るもので,木の本来のしつかんや風合いが最もよく生かされた木材です。集成材は,一定のすんぽうに加工されたひき板(ラミナ)をふくすうせんの方向が平行になるように重ねてせっちゃくしたせいひんで,柱やはりなど,じゅうたく向けに広く利用されています。合板は木材をうすいたものを,せんの方向が直角になるようこうに重ねせっちゃくしたせいひんです。このほかに木材を加工して生み出されるものには,木材チップやパーティクルボード,新しいけんちく材料として注目を集めているCLTなどがあります。

木材加工

「木材加工」の仕事内容と共通点がある職業

林業大工木地師

あしたね仕事人インタビュー(「木材加工の仕事」に関する職業インタビュー)