商標審査官(しょうひょうしんさかん)

知的ざいさんの一つである「商標」のせんもんとして,とっきょちょうに出願された商標について,商標のけんあたえてよいかどうかをしんするのが商標しんかんの仕事です。

商標というのは,事業者が,自分の商品やサービスと他人の商品やサービスとを区別するために,自分の商品やサービスにつけるマークのことです。この商標をつけることで,事業者は「これはが社が作った商品(サービス)です」ということをアピールすることができ,消費者のほうも,「この商品(サービス)なら安心だ」というように,商標を通して商品のひんしつをイメージして商品を選ぶことができます。

日本では年間に13万けん以上の商標登録出願がなされますが,商標しんかんは出願された商標の一つ一つについて,るいの商標はないか,だれでも他の商品と区別できるかどうかなど,さまざまなてんからしんを行います。このため,高いせんもんせいが要求されるほか,商標しんの結果が事業者のけいざい活動に大きくえいきょうすることもあるため,せきにんともなう仕事です。

商標しんかんとっきょちょうしょくいんであり,国家こういんさいよう試験のごうかくしゃからさいようされます。このため,商標しんかんになるには,まず国家こういんさいよう試験を受験した後で,とっきょちょうじっする,商標しんかんさいようのための試験を受験することになります。毎年のさいよう人数は数名ていです。

商標審査官

あしたね仕事人インタビュー(「商標審査官の仕事」に関する職業インタビュー)