和紙職人(わししょくにん)

古くから日本で作られてきた紙である和紙は,ふすまやしょう,習字用紙,ランプシェードなど,はばひろように使われます。2014年には手すき和紙のじゅつがユネスコのけいぶんさんにも登録されました。
コウゾ・ミツマタ・ガンピなどの植物の皮からせんをほぐしてとり,トロロアオイのみきや根からとったねばのある「ねり」とばれるぶっしつを加え,すのこですいてから水分をしぼり,天日でかわかして作ります。
和紙しょくにんになるには,しょくにん入りしてじゅつを学ぶのがいっぱんてきです。いちまいずつ手すきで行う作業なので,ていねいに仕上げる根気と集中力が必要です。

和紙職人

「和紙職人」の仕事内容と共通点がある職業

製紙業

あしたね仕事人インタビュー(「和紙職人の仕事」に関する職業インタビュー)