医療ソーシャルワーカー(いりょうそーしゃるわーかー)

医療ソーシャルワーカー
医療(いりょう)ソーシャルワーカーは,患者(かんじゃ)やその家族が安心して治療(ちりょう)を受けられるように相談に乗り,解決(かいけつ)に向けて,病院内の他の職員(しょくいん)や,患者(かんじゃ)に必要な病院外の機関との連絡(れんらく)や調整をおこないます。患者(かんじゃ)や家族の(なや)みに()りそい,時には代弁者(だいべんしゃ)にもなります。特別の資格(しかく)は必要ありませんが,医療(いりょう)制度(せいど)福祉(ふくし)制度(せいど)についての豊富(ほうふ)知識(ちしき)が求められるため,ほとんどは国家資格(しかく)の「社会福祉(ふくし)士」を持っており,仕事への応募(おうぼ)(さい)に,この資格(しかく)必須(ひっす)とされる場合が多くなっています。医療(いりょう)ソーシャルワーカーは,文系(ぶんけい)の人でも医療(いりょう)現場(げんば)の中心に関わることのできる,数少ない職業(しょくぎょう)のひとつでもあります。

「医療ソーシャルワーカー」の仕事内容と共通点がある職業

仕事人インタビュー

染谷 碧
患者さんやご家族の困りごとの相談に乗り,必要な調整を行う