労働基準監督官(ろうどうきじゅんかんとくかん)

労働基準きじゅん監督官かんとくかんは、労働基準法きじゅんほうや労働安全衛生法えいせいほうなど労働基準きじゅん関係法令がきちんと守られているかどうかを監督かんとくします。労働基準法きじゅんほうとは、労働者が安心して働ける職場しょくば環境かんきょう実現じつげんするための法律ほうりつです。しかし、法律ほうりつが守られていなければ、労働者の権利けんりを守ることができません。そこで、労働基準きじゅん監督官かんとくかんはさまざまな職種しょくしゅの仕事場へ立ち入り、事業主が労働基準きじゅん関係法令にもとづいた業務ぎょうむをおこなっているかをチェックします。そこで法律ほうりつ違反いはんが発見されれば、指導しどう摘発てきはつをおこないます。その場合、労働基準きじゅん監督官かんとくかんは、犯罪はんざい捜査そうさ、書類送検そうけんなどをおこなう司法警察けいさつ員としての権限けんげんも持っています。

労働基準監督官

「労働基準監督官」の仕事内容と共通点がある職業

警察官国税専門官検察官社会保険労務士

「労働基準監督官」の他の呼び方:労働Gメン、労働監督官