ペンションオーナー

「ペンション」とは,主に家族で経営(けいえい)されている,小規模(しょうきぼ)宿泊(しゅくはく)施設(しせつ)です。海や山,高原といったリゾート地にあることが多く,その土地に遊びに来たお客さんをもてなします。宿泊(しゅくはく)者の数も少ないため,お客さんに合わせた家庭的なもてなしをすることができますが,オーナーの仕事は幅広(はばひろ)く,予約を取るための宣伝(せんでん),お客さんの出迎(でむか)えと見送り,ベッドメイク,食材の仕入れ,調理など,さまざまな仕事をこなさなければなりません。「食品衛生(えいせい)管理者」の資格(しかく)と,消防署(しょうぼうしょ)への届け出(とどけで)保健所(ほけんじょ)への営業(えいぎょう)許可(きょか)を取れば(だれ)でも開業することができますが,お客さんの心をつかむのは簡単(かんたん)ではありません。他の宿にはないサービスを提供(ていきょう)する,オーナーが観光やレジャーの案内役を(つと)めるなど,生き残るためにはさまざまな努力と工夫が必要です。

ペンションオーナー

「ペンションオーナー」の仕事内容と共通点がある職業

ホテル支配人ホテルマン社長

あしたね仕事人インタビュー(「ペンションオーナーの仕事」に関する職業インタビュー)