ブックデザイナー

ブックデザインには,表紙やブックカバーなど本の外観をデザインする「装丁(そうてい)」と,本文までを全てデザインする「造本(ぞうほん)」とがあります。ブックデザイナーには両方を手がける人もいれば,装丁(そうてい)のみ手がける人もいます。装丁(そうてい)専門(せんもん)とする人を「装丁(そうてい)家」とも言います。
本の内容(ないよう)理解(りかい)し,読者層(どくしゃそう)を想定しながら,デザインを(ほどこ)します。本のカバーや表紙の装丁(そうてい)だけではなく,本の内容(ないよう)について,どのような用紙にどのような活字を用いて印刷を行うのか,本全体の設計(せっけい)責任(せきにん)を持つ立場にあります。デザインの出来不出来が,本の売上を大きく左右することもあります。
社内に装丁(そうてい)部門を持つ出版社(しゅっぱんしゃ)もありますが,デザインの基礎(きそ)美術系(びじゅつけい)の学校で学び,デザイン事務(じむ)所で編集(へんしゅう)デザインを経験(けいけん)したり,出版社(しゅっぱんしゃ)編集者(へんしゅうしゃ)経験(けいけん)した後にブックデザイナーとして独立(どくりつ)するケースが多いようです。

ブックデザイナー

「ブックデザイナー」の仕事内容と共通点がある職業

編集者小説家絵本作家

「ブックデザイナー」の他の呼び方:装幀家

あしたね仕事人インタビュー(「ブックデザイナーの仕事」に関する職業インタビュー)