• 会社名

    かぶしきがいしゃわーるどぷりんたー株式会社ワールド・プリンター

  • 従業員

    23名

  • 場所

    【営業事務所(第3工場)】東京都北区昭和町2-9-11
    地図

  • 業種

    シール印刷業

社会との関わり

ワールド・プリンターは,シールをつくる会社です。シールはラベルやステッカーともいいますが,のりのついた紙やプラスチックフィルムにイラストや文字,写真などを印刷したものです。シールにはいろいろなようがあり,当社ではお客さまが希望するようおうじて,さまざまなものをつくっています。アニメやまんのキャラクターなど,がらを楽しむためのシールもあれば,商品にって,デザインの一部となって商品を目立たせたり,目につくところにってのうやしくみのしょうかいをしたりするシールもあります。また,上にってちがいをていせいしたり,他人に見られたくないじょうほうかくして,必要な人だけが見られるようにするシールもあります。当社がつくっているものでふだん,みなさんの目にれるのは,食品やしょうひんってあるシールや,車のボディにるステッカー,電車のまどってある広告のシールなどです。

シール印刷をらいしてくださるお客さまで一番多いのは,同業の印刷会社です。同じ印刷業でもシール印刷は得意ではない会社から,わたしたちのノウハウとじゅつが必要とされています。また,広告せいさく会社からもらいがあります。その会社が売り出そうとしている商品やサービスをより目立たせるために,シールを使うことがあるからです。

わたしたちは日々,どんな紙やざいを使って,どんなのりを使って,どんな形にして,どんなインクを使えばお客さまの目的,要望にこたえられるかを考えています。シール一つ一つに合わせて機械をせっていし,印刷するないようはんに起こし,形を切り取るためのきんぞくせいの型をつくります。さらに,必要であれば,きんぱくを使った「はくし」や,がらや文字などががる「エンボス加工」など,加工がむずかしいじゅつを組み合わせることで,見た人の印象に残るシールづくりを心がけています。

どんな職場

ワールド・プリンターは昭和46年(1971年)にそうぎょうし,当初からシール印刷を手がけてきました。げんざいじゅうぎょういんのうち半数以上が,機械をそうするじゅつしょく,オペレーターです。機械のほんてきなしくみはそうぎょう当時と同じでふくざつなものではありませんが,スイッチをしさえすればシールが出来上がるような自動化はできません。シールが進化し,またお客さまの要望も多様化してきたため,新しいじゅつにもせいつうしているじゅくれんのオペレーターによるそうけつです。

一人前のオペレーターになるためには,3年以上のけいけんが必要です。しかし10年,20年のベテランでも,新じゅつをどんどん身につけていかないと,時代の流れについていけなくなります。そこが大変なところですが,やりがいでもあります。

わたしたちの仕事で一番大切なことは,お客さまの要望に沿ったシールを期日までに作り上げることです。印刷のデザインはお客さまからていあんされることが多く,わたしたちがデザインを考えることはあまりありません。しかしたまに「こんなことはできますか?」と相談されることもあります。たとえば高級な洋酒のラベルには,プロであるわたしたちが見てもむずかしい加工じゅつを使ったものがありますが,「それにたシールを」というらいを受けたこともあります。そのときにはじゅうらいの機械でたいおうしましたが,そういうったじゅつを使ったシールのために新しい機械を入れるべきかどうか,ということはつねに考えています。

わたしたちはげいじゅつ作品をつくっているわけではありませんが,言われたものが自動的にできる工業せいひんをつくっているわけでもありません。お客さまの要望と,自分たちのじゅつりょくそうぞうりょくがマッチしたよいものができると,とてもやりがいを感じます。


「モノづくりのものがたり」ページへ

外部のWebサイトへリンクします