• 東京都に関連のある仕事人
  • 1983年 生まれ

パラスポーツ 陸上競技選手

村上むらかみ 清加さやか

  • 子供の頃の夢

    -

  • クラブ活動(中学校)

    -

  • 仕事内容

    しようがいしや陸上きようで世界を目指す。

  • 自己紹介

    ものごとを前向きにとらえることが好きです。いつしようけんめい練習を続け,みなさんの前で走りを見てもらえるようにがんります。

  • 出身高校

    東京都立小岩高校

  • 【このページに書いてある内容は取材日(2016年03月31日)時点のものです】

村上 清加


仕事人記事

右足を失ったころ

右足を失ったころ

わたしは25さいのころ,で右足をせつだんしました。「まさか,自分にこんなことが起こるなんて」と,ほうれました。周囲に右足を失ったことを説明することもできませんでした。「足が無くなっちゃったんだよ」と言ったあと,続く言葉がありませんでした。どんどんふさぎこんでいってしまい,入院中は家族だけと面会するようにして,けいたい電話もかいやくし,友人たちとれんらくを取ることもありませんでした。

自分らしく生きる方法を見つけたい

自分らしく生きる方法を見つけたい

ある日,病室でぐうぜんお笑い番組を見ていました。そのとき,ろうに聞こえるくらい大きな声で笑うことができたのです。「わたしは,まだ笑うことができる」と気づきました。そして,右足を失ってからの自分をかえって,「もうこれ以上,げきのヒロインをえんじるのはやめよう」と心にちかったのです。そして「自分らしく生きる方法をさがせばいいじゃないか」と,深く考えることをやめました。その日から後ろをかえってばかりいた気持ちがどんどん前向きになり,これからの自分のことを考え始めました。

せつだん者スポーツクラブ「ヘルスエンジェルス」への参加

<ruby>切<rt>せつ</rt></ruby><ruby>断<rt>だん</rt></ruby>者スポーツクラブ「ヘルスエンジェルス」への参加

自分らしい生き方をさがすために,まずは同じようなきようぐうの人が集まる場所に行ってみようと思いました。わたしと同じように,そくを使っている友達がほしいと思い,そくを作っているうすさんのしようかいそくユーザーを中心としたスポーツクラブ「ヘルスエンジェルス※」のそんざいを知り,その活動に参加することにしたのです。 参加して気づいたことは,同じそくの人でも暗い人が全くいませんでした。みんな明るくて,キラキラとかがやいて見えたのです。参加する前は「走るなんてできない」などと消極的だったのですが,活動の中で「わたしもあんな風に走れるのかな」「明るく楽しく走れるのかな」と期待はどんどん大きくなり,また勇気をもらうことができたのです。

1年かけて,走りをもうとつくん

1年かけて,走りを<ruby>猛<rt>もう</rt></ruby><ruby>特<rt>とつ</rt></ruby><ruby>訓<rt>くん</rt></ruby>

ヘルスエンジェルスの活動で勇気をもらったわたしは,「ほんかくてきに走りたい」という気持ちが強くなっていきました。しかし,それまで陸上きようけいけんがなかったため,たくさんの練習が必要で,そくいて走れるようになるまで,1年はかかりました。そして,ようやくきようかいに出場できるまでになったのです。 初めてきようかいに出たときは,きんちようというより,自分がどれくらい走れるのか,走りきることのができるのか,自分のこれまでの練習成果をためすときが来たと,わくわくしていましたね。無事100mを走り終えたとき,達成感とともに,これは自分の力だけで走り切った100mではないのだと感じました。ここまでささえてくれた人,命を救ってくれた病院の先生,両親,そくを作ってくれた人,友人。たくさんの人へのかんしやの気持ちがこみ上げてきたことを,今でもせんめいに覚えています。

どうじようからはげましへ,周囲の変化

<ruby>同<rt>どう</rt></ruby><ruby>情<rt>じよう</rt></ruby>から<ruby>励<rt>はげ</rt></ruby>ましへ,周囲の変化

きように出る前は,そくいていると「そくで歩いて大変だね」とか,「かわいそうだね」「つらいね」といった言葉をたくさんの人からいただきました。しかし,きようかいに参加しているうちに「おうえんしているよ」「がんってね」という,おうえんの言葉をもらうことが多くなりました。どうじようよりも陸上の選手としてしっかり見てくれている。そういったおうえんの言葉が,わたしにとっては大きなささえになり,走り続けるためのパワーとなります。

パラリンピックという「目標」

パラリンピックという「目標」

しようがいしやスポーツのさいこうほうであるパラリンピックに出場することは,もちろんきようしやにとって大きな目標です。しかし,ただ出場を目指すだけではなく,わたしは世界の一流選手たちと戦って,メダルを取りたいという気持ちが強いです。そのためには,せいしんを強くしたり,体をもっとたくましくしたりする必要があると感じています。ですので,そうしたたいに立てるよう日々練習にはげんでいます。足を失う前には,何気ないにちじように目標をせつていしてごすようなことがなったのですが,今では,大きな目標に向かい,毎日をどうごしていくかというしきを持つようになりました。

なやんで立ち止まり,一歩

<ruby>悩<rt>なや</rt></ruby>んで立ち止まり,一歩<ruby>踏<rt>ふ</rt></ruby>み<ruby>出<rt>だ</rt></ruby>す

長い人生の中で,みなさんもおもなやむことや,苦しむことがあるかもしれません。しかしそれは,全くおかしいことではありません。そういうときは,一度立ち止まり,その先自分がどう行動するか,考えてみましょう。そのうえで勇気を持って次の一歩をし,こんなんえていく力を身につけてほしいです。
わたしの目標はまだまだ高いところにありますが,いつしようけんめい練習を続けて,みなさんの前で走りを見てもらえるようにがんります。おうえんよろしくお願いします!

せつだんしやスポーツクラブ「ヘルスエンジェルス」はげんざい「スタートラインTokyo」に改名しています。
※写真提供:越智貴雄


  • 取材・原稿作成:東京書籍株式会社