• 東京都に関連のある仕事人
  • 出身地 北海道

まどぐち窓口(テラー)

中村なかむら 友梨香ゆりか

  • 仕事内容

    信金窓口で接客応対

  • 自己紹介

    人と話すことが好きで良く笑います。愛犬とドックカフェに行くのが現在の趣味です。

  • 【このページに書いてある内容は取材日(2015年03月23日)時点のものです】

中村 友梨香


仕事人記事

信金とは地元の方々かたがたのために存在そんざいする金融きんゆう機関

信金とは地元の<ruby><rb>方々</rb><rp>(</rp><rt>かたがた</rt><rp>)</rp></ruby>のために<ruby><rb>存在</rb><rp>(</rp><rt>そんざい</rt><rp>)</rp></ruby>する<ruby><rb>金融</rb><rp>(</rp><rt>きんゆう</rt><rp>)</rp></ruby>機関

信用金庫の大きな特徴とくちょうは,地域ちいき限定げんていされている金融きんゆう機関だということです。ですから信用金庫は,地域ちいき密着みっちゃくつねに地元の企業きぎょう個人こじんのお客様のために存在そんざいしているのです。その信用金庫の中でわたしは,地元のお客様に一番近い場所である窓口まどぐちで,接客せっきゃく応対おうたいをしています。一般いっぱん的には毎日,三大業務ぎょうむと言われている,預金よきん・出金,融資ゆうし(お金のし),為替かわせ現金げんきん以外の取り引き)に関する仕事。そして保険ほけんなどの商品説明を主に行っています。 さらに,窓口まどぐちではお客様とのコミュニケーションを積極的に行います。ときには,お客様の不安や要望などをお聞きし,それらの内容ないようを仕事の仲間や職員しょくいんと共有します。そうすることで,同じようななやみを持ったお客様とのコミュケーションがスムーズになります。窓口まどぐちではつねにお客様のために何ができるかということを考え,サービスの向上に努めています。

毎朝,店舗てんぽ周辺のお掃除そうじから仕事が始まる

毎朝,<ruby><rb>店舗</rb><rp>(</rp><rt>てんぽ</rt><rp>)</rp></ruby>周辺のお<ruby><rb>掃除</rb><rp>(</rp><rt>そうじ</rt><rp>)</rp></ruby>から仕事が始まる

毎日,朝の店舗てんぽ周辺の掃除そうじから,仕事がスタートします。そして,服装ふくそうチェックや朝礼と続き,開店前に窓口まどぐちすわり,お客様をおむかえします。朝礼は,一人ずつ前へ出て最近の出来事を話したり,お客様の満足度を向上させるための意見交換こうかんをしたり,仕事に役立つ情報じょうほうを知ることができ,とても勉強になります。足立支店してんでは,1日のお客様来店数はいそがしいときは100人をえる方がいらっしゃいます。また,年金を受け取る日は140~150名ほどのお客様が来店されます。そんな日は特に,お客様を待たせることの無いように,迅速じんそくにそして正確せいかくな作業を心がけています。

形が無い商品のあつかいはむずかしい

形が無い商品の<ruby><rb>扱</rb><rp>(</rp><rt>あつか</rt><rp>)</rp></ruby>いは<ruby><rb>難</rb><rp>(</rp><rt>むずか</rt><rp>)</rp></ruby>しい

保険ほけん国債こくさいといった金融きんゆう商品は,車や電化製品せいひんのように形がありません。ですから,デザインが良いとか,色が素敵すてきとか,その商品の特徴とくちょうやメリットをお客様に伝えにくいし,理解りかいしてもらうのはむずかしいです。また,お客様から「こういう商品はないですか」という問い合わせをいただいても,お客様の希望にぴったり合った商品が見つからないこともあります。形の無い商品の販売はんばいむずかしいですね。先輩せんぱいの様子もお手本にしたいと思っています。また,お客様ごとに様々さまざまなサービスのちがいがあります。例えば,当店に口座こうざが有るか無いか,給与きゅうよや年金をあつかうかでも作業が変わってきます。しかし,どんなお客様が見えてもわたしたちは,窓口まどぐちでお客様をお待たせせず,正確せいかく丁寧ていねいにスピーディーに業務ぎょうむをこなす必要があります。

お客様との親密しんみつなふれ合いがうれしい

お客様との<ruby><rb>親密</rb><rp>(</rp><rt>しんみつ</rt><rp>)</rp></ruby>なふれ合いが<ruby><rb>嬉</rb><rp>(</rp><rt>うれ</rt><rp>)</rp></ruby>しい

つとめ始めたころ,あるお客様にATMの操作そうさをお教えしたことがありました。それから数ヶ月後,わたし窓口まどぐちすわるようになったある日,そのときのお客様が窓口まどぐちにいらっしゃって,「ありがとう」と小さなふくろわたしてくださいました。そのふくろの中にはプレゼントのボールペンとメッセージの書かれた手紙が入っていました。とてもうれしかったですし,この仕事をして良かったと思いました。いそがしい時でも,例えば,おわたしするお札の向きをそろえるとか,小銭こぜにも種類を分けておわたしするとか,ちょっとした気遣きづかいで,お客様が喜んでくださり,会話もはずんできます。お客様は地元の方ですから,さらにサービスや会話を充実じゅうじつさせて,より身近で親密しんみつ存在そんざいになれたらと思っています。

大切なお金をあずかる仕事だからこその責任せきにんと自覚

大切なお金を<ruby><rb>預</rb><rp>(</rp><rt>あず</rt><rp>)</rp></ruby>かる仕事だからこその<ruby><rb>責任</rb><rp>(</rp><rt>せきにん</rt><rp>)</rp></ruby>と自覚

お客様は当店を信用してくださっているから,大切なお金をあずけてくださるわけです。そして,その大切なお金を受け取るのが,窓口まどぐちすわわたしたちです。わたしは,その責任せきにんと自覚はつねに持っています。お客様が入店されたとき,まず目に入るのは窓口まどぐちですから,悪いイメージをいだかせないように,細心の注意をはらいます。例えばうつむいていたり,横を向いていたりしないように,またいつも笑顔で,挨拶あいさつをしっかりするようにしています。さらにお客様に商品説明などをするときは,聞き取りやすいように声のトーンをちょっと上げるなどの工夫もしています。業務ぎょうむ間違まちがえないのは当たり前で,それ以上にお客様に心地良く思っていただけるような接客せっきゃく応対おうたいを目指しています。

信金の魅力みりょくはお客様と深く関われること

信金の<ruby><rb>魅力</rb><rp>(</rp><rt>みりょく</rt><rp>)</rp></ruby>はお客様と深く関われること

大学3年生の後半,就職しゅうしょく真剣しんけんに考えるようになり,そこで自分に向いている仕事とはなんだろうと思い,自己じこ分析ぶんせきしてみました。すると次のようなことが頭にかんできたのです。わたしは人と話すのが大好きだから,接客業せっきゃくぎょうに向いているかもしれない。また単独たんどくで動くより,チームで動く方が楽しく働けそうだ。さらに,働くならば責任せきにんのある仕事がしたい。そんな想いを持っていろいろ調べたり,大学の就職しゅうしょく担当者たんとうしゃに相談したりして,たどり着いたのが金融きんゆう機関でした。最初は金融きんゆう機関というのは,みな同じような仕事なのだと思っていました。しかし,さらに調べを進めると,金融きんゆう機関の中でも信用金庫は,営業えいぎょう地域ちいき限定げんていされ,かぎられたお客様と深く関わることができることを知ったのです。その特徴とくちょうにとても魅力みりょくを感じ,信用金庫を選びました。

好きなことはとことんやる

好きなことはとことんやる

わたしは,好奇心こうきしん旺盛おうせいで,興味きょうみを持ったことはとことん追求して行く子どもだったと両親は言っています。小学生のころは,運動することと音楽が大好きでした。合奏がっそう一生懸命いっしょうけんめいやったのも小学生時代でした。中学生のころはバスケットボールに夢中むちゅうになり,朝練も全く苦にならず,放課後も時間がゆるかぎり練習していました。高校時代は運動部のマネージャーになりました。そこで裏方うらかたさんの苦労や気遣きづかいを,ちょっぴりですが学べたような気がします。 また,そのころは犬が好きだったので,トリマーになろうと思ったこともありましたが,人と話せる接客せっきゃくがしたいなと考えるようになり,今にいたっています。

自分を好きになって自分を大切に

自分を好きになって自分を大切に

みなさんは,自分をきらいにならないでほしいと思います。そして自分を好きになって,自分を大切にしてほしい。そうするときっとあなたは,たくさんの人から愛されて,守られて,たくさんの味方がいるということが分かってくると思います。わたしも仕事を始めて間もないころに,失敗をしてんだこともありましたが,いろいろな人から助けてもらい,一人ではないと実感しています。そして,そんな周囲の人たちとのコミュニケーションを大切にし,自分の想いを周囲に発信していくことも重要です。 いつもだれかがあなたを見てくれている,そう意識いしきしながら生活していってほしいと思います。

  • 取材・原稿作成:株式会社ユニバーサルデザイン総合研究所/東京書籍株式会社/協力:城北信用金庫

ファン

すべてを見る

※ファン登録時の学年を表示しています

私のおすすめ本

  • ありがとうの神様

    小林正観

    ありがとうという言葉の大切さがよくわかる本。いろいろ悩んだ時にはぜひ読んで欲しい。

  • 自分を勇気づける技術

    岩井俊憲

    自分を嫌いにならない大切さがわかります。そして困難に立ち向かいそれを克服する「勇気づけ」の方法を知ることがでます。