• 東京都に関連のある仕事人
  • 1984年 生まれ

    出身地 東京都

美容師

とし

  • 仕事内容

    髪を切る・髪型を整える

  • 自己紹介

    絵をくこと。フルート、買い物。一人でいろいろなものを見に行く(映画、観劇、演奏会など)。

  • 【このページに書いてある内容は取材日(2006年09月29日)時点のものです】

とし


仕事人記事

かみを切る仕事を助けます

<ruby><rb>髪</rb><rp>(</rp><rt>かみ</rt><rp>)</rp></ruby>を切る仕事を助けます

美容師(びようし)」といって(みな)さんがイメージするのは,(かみ)を切る人だと思いますが,美容室(びようしつ)には,「スタイリスト」という(かみ)を切る人と,「アシスタント」というお手伝いをしている人がいます。国家試験に合格(ごうかく)して資格(しかく)をもらわないと,美容師(びようし)になることはできませんが,合格(ごうかく)してもすぐに(かみ)を切ることができるわけではありません。お店によって(ちが)いますが,アシスタントとして修行(しゅぎょう)し,お店で行われるいくつものテストに合格(ごうかく)してから,スタイリストとして(かみ)を切るようになることが多いです。アシスタントは,シャンプー((かみ)(あら)う),カラー((かみ)()める),パーマ,というように順番にテストを受けていくのですが,(わたし)は3年かけて,全てのアシスタントの仕事ができるようになりました。スタイリストの人は,(かみ)を切るだけで精一杯(せいいっぱい)のことが多いので,(わたし)たちアシスタントが,それ以外の仕事の全てを手伝います。あるお客さんには,シャンプーをし,別のお客さんにはパーマをして・・・というように,次々(つぎつぎ)と仕事が変わるので,次に何をしないといけないのかを考えながら動き回っています。

1日のほとんどは美容室びようしつ

1日のほとんどは<ruby><rb>美容室</rb><rp>(</rp><rt>びようしつ</rt><rp>)</rp></ruby>

(わたし)のお店は朝9時に開店するので,早い当番の日は,8時45分から仕事が始まります。雑誌(ざっし)(なら)べなおしたり,シャンプー台の電源(でんげん)を入れたり,タオルを用意したり・・・というように,お客さんを(むか)える準備(じゅんび)をするのです。一人のお客さんに対してタオルを何(まい)も使うので,休日などお客さんが多い日は,1日に200(まい)以上使うこともあります。お店の終わる時間は曜日によって(ちが)いますが,夜9時くらいです。でもすぐに帰るわけではなく,スタイリストになるためのテストが,2週間に1度あるので,お店が終わった後に練習をするのです。2~3時間くらい練習するので,家に帰るのは夜の12時や1時になりますね。

体にとても負担ふたんがかかります

体にとても<ruby><rb>負担</rb><rp>(</rp><rt>ふたん</rt><rp>)</rp></ruby>がかかります

何人も続けてシャンプーをしたりすることもあるため,同じ作業や同じ体勢(たいせい)を続けることになります。そのため(こし)(ひじ)(いた)めてしまうことがあります。またカラーに使う(えき)によってアレルギーを起こしたり,ひどい手()れに(なや)まされる人もいます。そして仕事中はとても(いそが)しいので,食事をとる(ひま)がほとんどありません。水すら夜まで飲めない日もあります。一瞬(いっしゅん)(ひま)を見つけて,数秒で水を飲んできて,急いで仕事場に(もど)ったりもしています。休みは週1回しかないので,体への負担(ふたん)は大きいですね。だから時々(ときどき)マッサージなどを利用して,(つか)れや(いた)みがひどくならないように気をつけて,体を大切にしています。

自分をみとめてもらえる喜び

自分を<ruby><rb>認</rb><rp>(</rp><rt>みと</rt><rp>)</rp></ruby>めてもらえる喜び

体力的にとても大変な仕事だと思いますが,お客さんが喜んでくれたとき,そんな(つか)れも一気に吹き飛(ふきと)んでしまいます。いつもとても緊張(きんちょう)するし,自分の苦手な仕事だと,自信が持てないこともあります。そんなときに「すごく気持ちよかった。これからはあなたにお願いしたい。」と言ってもらえると,それだけでこれからずーっと頑張(がんば)っていこうという気持ちになれます。美容師(びようし)という仕事は,何か物を売るわけではなく,人が行うサービスなので,仕事の良し悪しは,その人の人柄(ひとがら)によっても決まります。「あなたがいいのよ」という風に(みと)めてもらえるというのは,他の仕事にはなかなかない美容師(びようし)という仕事の魅力(みりょく)だと思います。

毎日が勉強

毎日が勉強

美容師(びようし)の仕事というのは,(かみ)を切ったり,シャンプーをしたり,ということだけでなく,お客さんとの会話もとても大切なことの一つです。この店に来て心地よい時間を()ごせるかで,お客さんが次も来てくれるかが決まります。うまく切ってもらえたかどうかだけではないのです。(わたし)はいろいろな会話ができるようになるために,日頃(ひごろ)から,新聞や雑誌(ざっし)をチェックしたり,お客さんの好きなテレビ番組など,いろいろとメモを残しています。なかなか家にいる時間はありませんが,お客さんの好きなドラマはビデオで録画しておいて,見ることもあります。(かみ)を切る練習も毎日行いますし,美容師(びようし)というのは毎日が勉強ですね。

小さい頃からの夢でした

小さい頃からの夢でした

実家が美容院(びよういん)だったこともあって,(わたし)は小さい(ころ)から美容師(びようし)になるものだと思っていました。(かみ)にすごく興味(きょうみ)があって,七夕の短冊(たんざく)にも「(かみ)が早く()びてほしい」と書いていたみたいです。絵も大好きで,デザインにもすごく興味(きょうみ)がありました。学校の休み時間に外へ行くよう先生に言われたのに,(つくえ)の下に(かく)れて絵を()いていたこともあったくらいです。また両親は挨拶(あいさつ)(きび)しく,実家の美容院(びよういん)のお客さんなど知らない人に対して挨拶(あいさつ)することが当たり前になり,お客さんと(せっ)することが自然と好きになりました。笑顔の多い子だったようです。生きてきた道が,全て美容師(びようし)につながっているような気がします。

男の子にも囲まれたこともあります

男の子にも囲まれたこともあります

小さい(ころ)(わたし)は気が強く,正義感(せいぎかん)が強い子だったみたいです。曲がったことが(きら)いで,サボることなどが(ゆる)せませんでした。学校の掃除(そうじ)など,「なんで自分だけやってるの?」と思うとしゃくだし,わかってもらうまで退()きたくないと思ってしまうんです。それにきっちりしていることが好きだったので,部屋がキレイになっていないと気になってしまうんですね。他の子がサボっているのを先生に言ったせいで,男の子数人に囲まれたこともあります。それでもめげませんでした(笑)。

学生のうちにしかできないことをしよう!

学生のうちにしかできないことをしよう!

(わたし)個人(こじん)の思いですが,学生のときには,学生のうちにしかできないことをしておくのがいいと思います。例えばクラブ活動です。友達とはまた(ちが)った,一つの目標を目指す「仲間」というのを得られるので,普段(ふだん)の生活とは(ちが)う体験ができる場です。一つのことを目指した達成感や,一人一人の役割(やくわり)への責任感(せきにんかん)も学ぶことができます。子どもの(ころ)は,本当に感情(かんじょう)浮き沈(うきしず)みが(はげ)しく,それだけぶつかることもひんぱんにあります。でも,そんなぶつかり合いの後にできた信頼(しんらい)関係は,一生の宝物(たからもの)です。(わたし)もこの(ごろ)の友達とは,今でも仲が良いです。社会に出るまでの貴重(きちょう)な時間,おもいっきり楽しんでください。

  • 取材・原稿作成:(c)学校ネット株式会社(増田)

私のおすすめ本

  • 3秒セラピー

    ひすいこたろう

    必ず一冊ストックしておいて大切な人にプレゼントできるようにとってあるくらい。気持ちがすごく前向きになる本です。