• 神奈川県に関連のある仕事人
  • 1975年 生まれ

    出身地 北海道

ちいきけいさつかん地域警察官

しんいち

  • 仕事内容

    交番に勤務し、県民の安全を守る

  • 自己紹介

    明るく、真面目な性格せいかく。仕事の終わった明けの日は、警察署けいさつしょの道場で柔道じゅうどうをしたり、トレーニング器具を使い、悪い人に負けないように体をきたえたりしています。

  • 【このページに書いてある内容は取材日(2009年07月15日)時点のものです】

しんいち


仕事人記事

地域ちいき警察官けいさつかんの仕事

<ruby><rb>地域</rb><rp>(</rp><rt>ちいき</rt><rp>)</rp></ruby><ruby><rb>警察官</rb><rp>(</rp><rt>けいさつかん</rt><rp>)</rp></ruby>の仕事

神奈川かながわ警察けいさつには約1万5千人の警察官けいさつかんがおり,その中でわたし地域ちいき警察官けいさつかんとして川崎かわさき市内の交番で仕事をしています。地域ちいき警察官けいさつかんは,三交替制こうたいせい勤務きんむで24時間活動し,朝8時半から翌朝よくあさの8時半まで勤務きんむします。仕事としては,受け持ち区域くいきのパトロールや交番前で立って警戒けいかいしたり,けんかなどの現場げんばけつけて犯人はんにんつかまえたり,交通事故じこなどの現場げんばでは,交通整理や事故じこを起こした人から話しを聞いたりします。また,携帯けいたい電話を落としてしまった,お金を拾ったなどの届出とどけでの取りあつかいや,迷子まいご保護ほご,ケガをしている人の救護きゅうごに当たるなどの仕事をしています。24時間という長い仕事の中でつねに100パーセントの力を出して県民のみなさんの安全・安心を守っています。

1日のはじまり

1日のはじまり

当直の日は,警察署けいさつしょに着いたらまず,制服せいふく着替きがえて,警棒けいぼう手錠てじょう,けんじゅうなどの装備品そうびひんをつけます。8時半から上司の指示しじを受けた後,前の日に当直の仕事をした同僚どうりょうから,発生した事件じけん事故じこや,パトロール等を強化しなければならない場所などの引きぎを受けます。その後,オートバイに乗って交番に向かいます。交番に着いたら,備品びひん点検てんけんなどをした後,交番前で警戒けいかいしたり,パトロール,書類作成などの仕事を行います。また,巡回じゅんかい連絡れんらくといって,1けんずつ家庭を訪問ほうもんして「詐欺さぎに注意して下さい,盗難とうなん事件じけんや交通事故じこなどにもあわないよう注意してください」などとけています。

事件じけん事故じこ現場げんばけつける

<ruby><rb>事件</rb><rp>(</rp><rt>じけん</rt><rp>)</rp></ruby>や<ruby><rb>事故</rb><rp>(</rp><rt>じこ</rt><rp>)</rp></ruby>の<ruby><rb>現場</rb><rp>(</rp><rt>げんば</rt><rp>)</rp></ruby>に<ruby><rb>駆</rb><rp>(</rp><rt>か</rt><rp>)</rp></ruby>けつける

事件じけん事故じこ連絡れんらくが入れば予定していた仕事を変更へんこうして現場げんばけつけます。例えば交通事故じこの場合,110番の通報つうほうを受けた神奈川かながわ警察けいさつ本部の通信指令課から警察署けいさつしょに無線で連絡れんらくがあり,本署ほんしょから現場げんばに向かうよう指示しじが入ります。すぐにわたしはオートバイで現場げんばに向かい,現場げんばに着いたらまず事故じこを起こした人たちの安全を確保かくほするようにしています。これは新たな事故じこを起こさないための大切な仕事です。そしてケガをした人などがいれば救急車を要請ようせいし,病院に搬送はんそうしてもらったり,事故じこを起こした人や目撃もくげきした人の話を聞いたり,現場げんばの様子を確認かくにんしながら,事故じこ状況じょうきょうなどを書類にまとめていきます。他にも,けんかとか人の住まいに無断むだん侵入しんにゅうした犯人はんにん検挙けんきょや,万引,自動車,自転車の盗難とうなんとかまよい子,ぱらいなどの取扱とりあつかいもあるので,1日の勤務きんむの間に6~7回ぐらい事件じけん事故じこ現場げんばけつけています。

地域ちいき警察官けいさつかんの仕事

<ruby><rb>地域</rb><rp>(</rp><rt>ちいき</rt><rp>)</rp></ruby><ruby><rb>警察官</rb><rp>(</rp><rt>けいさつかん</rt><rp>)</rp></ruby>の仕事

以前,ある事件じけん容疑ようぎ逮捕たいほされた少年と話しをしたことがありました。少年から,だれにも話すことができなかった家庭のなやみを聞いたり,「君には長所がいっぱいあるじゃないか」などと声をけたりもしました。その時は話しをして別れたのですが,しばらく後になって「あの時に,おまわりさんに話を聞いてもらったことがきっかけで前を向いて生活していくことができた。おかげさまで高校受験に挑戦ちょうせんして合格ごうかくすることができた。」ということを聞き,本当にうれしく思いました。警察官けいさつかんとして事件じけん事故じこ対応たいおうすることは当然のことなのですが,それだけではなくて,その後,その人たちが立ち直って社会で活躍かつやくし,私達わたしたちの社会がより良くなっていくことを願いながら仕事をしています。

正しいことをつらぬける強い心

正しいことを<ruby><rb>貫</rb><rp>(</rp><rt>つらぬ</rt><rp>)</rp></ruby>ける強い心

事件じけん取締とりしまりの現場げんばでは,自分は悪くないと大きな声で威圧いあつしてくる人と相対する時は,特に注意をします。そんな時に自分をささえてくれるのは,正しいことを正しいと強く信じている心なのです。例えば,通行禁止きんしの道を走行している車両を取締とりしまさいには,「通行禁止きんしを守らなければ何も悪くない他の人が大ケガをするかもしれない。だから違反いはんをしてはいけないんだ!」という気持ちがささえになるのです。そして,違反者いはんしゃに「みんなが安心してらせるように,危険きけん行為こういをしてはいけない」ということを丁寧ていねいにしっかり伝えることで,「自分が悪かった。もうやらない」と思ってもらえるように努力しています。「見つかって運が悪かった」「取締とりしまるほうが悪い」と思われてしまっては,その人や私達わたしたちらす街は安全になりません。違反いはんをした人にも自分たちの社会を守る協力者になってもらいたいのです。

あこがれの警察官けいさつかん

<ruby><rb>憧</rb><rp>(</rp><rt>あこが</rt><rp>)</rp></ruby>れの<ruby><rb>警察官</rb><rp>(</rp><rt>けいさつかん</rt><rp>)</rp></ruby>!

わたし保育園ほいくえんに通っていたころ,道で拾ったお金を交番にとどけたことがあったんです。その時に対応たいおうしてくれた警察官けいさつかんの方がとてもたのもしくてやさしくて,それ以来ずっと警察官けいさつかんの仕事にあこがれていました。でも,警察官けいさつかんになるための試験がむずかしいのではないかと思っていたので,大学を卒業した後は水泳のインストラクターの仕事をしていました。それでも警察官けいさつかんの仕事へのあこがれは続いていて,27さいになって結婚けっこんを前に自分を見つめ直してみた時に「やっぱりあこがれの仕事に挑戦ちょうせんしよう!」と決意して勉強を始めました。そして,合格ごうかく警察けいさつ学校で柔道じゅうどう剣道けんどうの訓練,それから法律ほうりつの勉強をして,ついに警察官けいさつかんになりました。

わすれ物が多くて。。。

<ruby><rb>忘</rb><rp>(</rp><rt>わす</rt><rp>)</rp></ruby>れ物が多くて。。。

小学生のころは毎朝早くに学校に行って校庭でドッジボールやサッカーをしたり,放課後には近所の山の中に秘密ひみつ基地きちを作ったりして遊んでいました。実は,小学生のころわすれ物が多くて両親や先生から何度も注意されていたんですよ。でも,今では仕事道具をなくしたりわすれたりすることはありませんよ。

強い心を育てよう

強い心を育てよう

体をきたえることができるのと同じように心もきたえることができます。保護者ほごしゃの方や先生からしかられて気分が落ちんでも,しかられたことを他人のせいにしたり,「自分はだめなんだ」と考えたりせず,自分に必要なこと,社会の中で正しいことは何なのかを考え,自分の行動を改善かいぜんしていける人になってください。わたしも仕事をしていて,時にはみなさんと同じようにしかられてがっかりすることもありますが,子どもでも大人でも,良い社会を作ろうという気持ちをわすれずに,正しいことを考え実行していくことが大切なのだと思います。

  • 取材・原稿作成:横浜銀行、(c)学校ネット株式会社