• 会社名

    ゆうげんがいしゃ おおつかちくかんがっき有限会社 大塚竹管楽器

  • 従業員

    4名

  • 場所

    【ショールーム・工房】東京都足立区入谷7-16-2
    地図

  • 業種

    篠笛製造業

社会との関わり

おおつかちくかんがっでは,“しのぶえ”という日本古来の横笛を作っています。お祭りになると,かねやたいいっしょに「ピーヒャララ」という笛の音がしますよね。あれがしのぶえの音です。お祭りだけでなく,みんようばんそうなどのたい音楽にも使われています。

時代の末期に「」というしのぶえづくりの名人がいました。当社の初代は中村じんろうというふえで,大正時代の1924年にしのぶえせいさくしょを起こしました。おおつかちくかんがっはそのじゅついで,でんとうの音色を今に伝えています。げんざいの社長は四代目にあたり,父でもある三代目とともにしのぶえを作り続けています。

しのぶえには,いて出る音の高さで12種類の“調子”があります。笛の長さが長くて一番低い音の出るものが「一本調子」で,あとは二本調子,三本調子と半音ずつ音が高くなっていき,一番高い音が出る短い笛が「十二本調子」です。この中でも多く使われるのは五本調子から七本調子ですが,お祭りごとにおはやしは少しずつちがうので,そのいきごとに,どの調子のしのぶえを使うかは決まっています。おおつかちくかんがっでは,しのぶえを通じて,日本のでんとうの良いところを伝えていければと考えています。

日本古来のおはやしのおんていに合わせた“古典調”のしのぶえ以外にも,最近ではピアノなどの洋楽器といっしょえんそうできる“洋楽調”の,ドレミファの音階に合わせたしのぶえも作っています。おはやしやみんようだけでなく,最近ではろうどくしのぶえを使われる方や,自分のコンサートでしのぶえくフルートそうしゃの方もいらっしゃいます。新しい場所でしのぶえが使われるようになるのもうれしいことです。

どんな職場

しのぶえは竹から作ります。おおつかちくかんがっではざいとして,九州産の竹を仕入れています。3メートルもある原料の青竹を,まず節で切ります。竹の太さをはかって,どの“調子”のしのぶえにするかを決め,それに合う長さでさいせいかくに切ります。切ったら,まだ青い竹を会社の屋上にならべ,白くなるまで日光にさらしてから,屋内で自然かんそうさせます。最低でも3年,長いものは10年かせると,竹はすっかりかんそうして,れることはほとんどなくなります。

こうしてかせた竹の長さと太さをもう一度チェックしてから,曲がりのある竹は炭火で温めて曲がりをしゅうせいします。竹は自然の材料ですから,曲がり具合もやわらかさも一本一本,ちがいます。そのため,すべて手作業です。その後,いよいよ笛の形にしていきます。頭をふさぎ,指あなをあけ,息をむ歌口を作ります。いてはけずり,またいてはけずって,音色をたしかめながら,細かく調整をしていきます。この他にも,うるしをったり,笛によってはとういたりするものもあり,せいさくこうていは60こうてい以上にもなります。例えば,最後に笛のつつの内側に細い筆を使ってうるしをこうていがありますが,小さなあなからっていくことになるので,とてもせんさいむずかしい作業です。そうしたこうていも,自分たちでこなしています。

でき上がったしのぶえは,楽器問屋を通して全国で売られるほか,当社でちょくせつはんばいもしています。もっとも売れるのは夏祭りから秋祭りにかけての期間です。ですから冬の間に笛をたくさん作って,お祭りのシーズンにそなえます。


「モノづくりのものがたり」ページへ

外部のWebサイトへリンクします