仕事人

社会にはいろいろな仕事があるよ。気になる仕事や仕事人をたくさん見つけよう!

大阪府に関連のある仕事人
1980年 生まれ 出身地 京都府
takahiroたかひろ
子供の頃の夢: 美容師 、アナウンサー
クラブ活動(中学校): 野球部
仕事内容
患者さんのレントゲンを取る
自己紹介

※このページに書いてある内容は取材日(2006年10月28日)時点のものです

体の中を映す仕事

体の中を映す仕事

みなさんもレントゲン写真をったことがあると思いますが,体の中の様子が分かると病気や怪我けがを発見したり,治療ちりょう方針ほうしんを考えるのにとても役に立ちます。診療しんりょう放射線ほうしゃせん技師ぎしは,医師いし指示しじもとづいて診断しんだんに必要な撮影さつえいを行い,画像がぞうを作成する仕事をしています。最近では,一般いっぱん撮影さつえいばれるみなさんがよく知っている普通ふつうのレントゲン撮影さつえいの他に,CT(X線をあてて体の内部をうつ画像がぞう化する機器),MRI(磁気じきを使って体の内部をうつ画像がぞう化する機器),PET(放射能ほうしゃのうふくまれた薬を飲んでがん細胞さいぼう映し出うつしだす機器)などの最新の機械を使って撮影さつえいを行い,体の中の様子がもっとくわしく分かる画像がぞうを作成しています。MRIは放射線ほうしゃせんではなく磁気じきを使う機械ですが,「診断しんだんに必要な画像がぞう撮影さつえいする」ということでは同じなので,わたしたち診療しんりょう放射線ほうしゃせん技師ぎしの仕事になっています。撮影さつえい以外には,放射線ほうしゃせんを使ったがんの治療ちりょうわたしたちの仕事です。

毎日多くの患者(かんじゃ)さんを撮影(さつえい)

毎日多くの患者(かんじゃ)さんを撮影(さつえい)

医師いし患者かんじゃさんを診察しんさつして,普通ふつうのレントゲン撮影さつえい一般いっぱん撮影さつえい)やCTなどを使って体の中の様子を調べることが必要だ,と判断はんだんすると,わたしたちの出番がやってきます。医師いし指示しじもとづいて撮影さつえいし,医師いしにとって分かりやすい画像がぞうに加工します。午前中は主に通院してくる患者かんじゃさんの撮影さつえいを行い,午後は入院している患者かんじゃさんの撮影さつえいを行います。他にも,救急で来られた患者かんじゃさんの撮影さつえいも行うので,日によっては1日で50人以上の患者かんじゃさんを撮影さつえいするほど大忙おおいそがしです。普通ふつうのレントゲン撮影さつえいは短時間で終わりますが,CTなどの機器ではある程度ていど撮影さつえいに時間がかかります。わたしたちの病院では患者かんじゃさんを待たせてしまったり,長い時間かけて撮影さつえいをするなどして患者かんじゃさん負担ふたんをかけることがないように,短時間で撮影さつえいできる最新の機器を導入どうにゅうしています。

医療(いりょう)チームの一員として

医療(いりょう)チームの一員として

わたし普段ふだんから数多くのレントゲン写真を見ているので,撮影さつえいしたレントゲン写真を見てどう思うか,と医師いしから助言を求められることもあります。1人の患者かんじゃさんに関わるのはお医者さんだけではなくて,看護師かんごし薬剤師やくざいし診療しんりょう放射線ほうしゃせん技師ぎしなど,多くの人が関わっているのです。わたしたちは医療いりょうチームとしてコミュニケーションを取って,何か気が付いたことがあればおたがいに知らせあい,いつも最適さいてき治療ちりょうができるように心がけています。わたしもそういう意識いしきを強く持って,医療いりょうチームの一員として働いています。

最新機器を使いこなすための勉強

最新機器を使いこなすための勉強

何年か前にPETというがん細胞さいぼうを早期に発見することができる機器が開発されました。病気を早めに見つけることができると,医師いしも早く治療ちりょう取り掛とりかかることができます。機器がどんどん新しくなって,ますます発見りつが上がるのはとても良いことですが,同時に,わたしたちは機器を使いこなすための勉強をすることが必要です。わたしは,月に何回か勉強会に参加したり,専門せんもん的な本も読みます。普段ふだんそれほど本を読んだりはしませんが,必要なことや興味きょうみがあることなら,どんどん読むことができるんですよ。ずっと勉強を続けているので,最近は私自身わたしじしんも勉強会で講師こうしをするようにもなりました。

私の腕(うで)の見せ所

私の腕(うで)の見せ所

機器が発達して,ボタン1つで撮影さつえいすることができるようになってきているので,撮影さつえいをするだけなら実は簡単かんたんです。でも,より分かりやすく,患部かんぶをイメージがしやすい写真をるためには,いろいろと工夫をすることが必要なんです。例えば,普通ふつうのレントゲン撮影さつえいをする時には,撮影さつえいする角度によって病気や怪我けがが見えやすくなったり見えづらくなったりするので,正面からるべきなのか,ななめや後ろからるべきなのか,ということを考えます。また,CTなどの機械で撮影さつえいすると,本当に多くの情報じょうほうを得ることができるので,体のどんな場所でも,どんな角度でも画像がぞうにすることができます。でも短時間で正しい診断しんだんをするためには,多くの情報じょうほうの中から診断しんだんに必要な情報じょうほうだけを分かりやすく取り出すことが重要になります。医師いしにとって,病気や怪我けが原因げんいんが分かりやすく,診断しんだんしやすい画像がぞうを取り出すところは,わたしうでにかかっているんですよ。

患者(かんじゃ)さんとの会話

患者(かんじゃ)さんとの会話

レントゲンやMRIなどの撮影さつえいが始まるまでの時間は,患者かんじゃさんと話しをする貴重きちょうな時間でもあります。患者かんじゃさんが医師いしには言いづらいことをわたしに話してくれることもありますし,患者かんじゃさんが不安そうにしている時は,検査けんさの機械の説明をすることもあります。放射線ほうしゃせんを使った撮影さつえいということで不安に思われる患者かんじゃさんもおられるのですが,健康には影響えいきょうのない程度ていど放射線ほうしゃせんであることを伝えて,安心して撮影さつえいを受けてもらえるように心がけています。こうやってコミュニケーションを大切にしていると,万が一,撮影さつえいするべき場所が間違まちがって伝わっていることがあったとしても,未然に不要な撮影さつえいふせぐこともできますね。

子どもの頃(ころ)に見た働く父の姿

子どもの頃(ころ)に見た働く父の姿

父が今のわたしと同じ仕事をしていました。わたしは小さいころ体が弱かったので,父のつとめる病院に月3,4回は通っていました。そこで,父の働く姿すがたを見て,「働く」ということのイメージができていたので,いつの間にか同じ道を選んだのだと思います。父の働く姿すがた格好かっこう良かったからこそ,わたしも目指したんでしょうね。今,本当に仕事が楽しいし,自分で選んだ仕事なので,とても幸せに思っています。

外で遊ぼう!

外で遊ぼう!

みなさんには,外に出ていろいろな人と遊んでしいと思います。外で多くの人と遊ぶと,人との関わり方や打ち解うちとけ方を自然と覚えることができるからです。そして,家族とも交流して,自分の気持ちを言えるようにもなってしいです。そういうことをしていくうちに,人の気持ちが分かり,人にやさしい人になれるんだと思いますよ。

ファンすべてを見る

(神奈川県 中3)
(愛知県 小6)
(新潟県 中1)
(静岡県 小6)
(岡山県 中1)
(福岡県 小6)
※ファン登録時の学年を表示しています

もっと知りたいこの仕事人

どんな病院?
取材・原稿作成:(c)学校ネット株式会社(増田・中川)