仕事人

社会にはいろいろな仕事があるよ。気になる仕事や仕事人をたくさん見つけよう!

茨城県に関連のある仕事人
出身地 埼玉県
速水はやみ あき
子供の頃の夢: 獣医師
クラブ活動(中学校): 美術部
仕事内容
乗馬クラブで診療しんりょうをする獣医師
自己紹介
好奇心こうきしん旺盛おうせいで動物が大好き。様々さまざまな動物を観察したりれたりすることで、日々ひび新しい体験をしてます。

※このページに書いてある内容は取材日(2015年02月17日)時点のものです

専門せんもん獣医じゅういは全国的にみても少ない存在そんざい

馬専門の獣医は全国的にみても少ない存在

みなさんが想像そうぞうする獣医じゅういさんというと,犬やねこなどのペットを診察しんさつする動物病院の先生や,牧場などでわれている牛やぶたなどの家畜かちく診療しんりょうする先生をおもかべるかもしれません。そういう意味では,わたしの場合はちょっと特殊とくしゅで,乗馬クラブの馬を主に診療しんりょうする獣医じゅういとして乗馬クラブの診療しんりょう所に勤務きんむしています。一般いっぱん的な獣医じゅういさんとの大きなちがいは,通常つうじょうの動物病院では,ぬしさんが,具合の悪くなったペットを病院へ連れて行くケースがほとんどですが,わたしたちの場合は,乗馬クラブに往診おうしんへ行きます。1頭500kg以上もある馬を受け入れる診療所しんりょうじょはなかなか有りませんからね。馬専門せんもん獣医じゅういさんは,全国的にも少ないので,神奈川かながわ県や静岡しずおか県といった遠くからの往診おうしん依頼いらいもあります。ですから,出勤しゅっきんすると,まずはその日の往診おうしんのための準備じゅんびに取りかかります。

1日のスケジュールは予定通りにはいかない

1日のスケジュールは予定通りにはいかない

基本きほん診療しんりょう時間は毎日午前9時30分から午後5時30分となっています。しかし,時間通りに始まり終了しゅうりょうするということはめったにありません。例えば,健康診断しんだんをする場合でも,採血さいけつ検温けんおん内診ないしんあし回りの触診しょくしんなど様々さまざま項目こうもくを一つひとつ丁寧ていねいに馬の表情ひょうじょうを見ながら進めていくわけですが,馬にもそれぞれ個性こせいがありますし,気分のすぐれない時もあります。そのため,全ての診療しんりょうを同じように同じ時間で機械的にできるわけではありません。そして,診療所しんりょうじょもどってから採血さいけつした血液けつえき検査けんさやレントゲン写真のチェック,カルテの作成,さらに検査けんさ結果で何か異常いじょうが見つかれば,関係スタッフが集まり相談して,今後の治療法ちりょうほうなども話し合います。そういう一連の作業が終了しゅうりょうした後,次の日の診療しんりょうに向けて,薬品の補充ほじゅう診療しんりょう機器のチェックをします。気がつくと,午後8時をぎている,なんてこともあります。

わたしたちの治療ちりょう現場げんばはまるで総合そうごう病院のよう

私たちの治療現場はまるで総合病院のよう

獣医じゅういの仕事の特に大変な所は,一般いっぱんの病院とちがい,内科も外科も皮膚科ひふか眼科がんかも一人で担当たんとうするということです。ですから,馬の病気についてはどんなものでも一通り知っておく必要があります。往診おうしん先では,その場で診断しんだんし,その場で治療ちりょうするというのが基本きほんです。通常つうじょう,馬は人の言うことをよく聞く大人しい動物ですが,やはりいたみがあればいやがりますし,注射ちゅうしゃ一本打つのもじっとしていることはありません。サラブレットという品種の馬は特に神経質しんけいしつでデリケートです。また,馬を移動いどうさせたりかせて治療ちりょうする必要がある場合もあるので,周囲のスタッフのみなさんとの協力は不可欠ふかけつです。手術しゅじゅつが必要な病気やケガの場合は,競馬場や大学病院の手術室しゅじゅつしつを借りることがあります。その場合,馬専用せんようの車(馬運車)で乗馬クラブから手術室しゅじゅつしつのある場所まで輸送ゆそうします。

苦痛くつうがなくなり,馬の表情ひょうじょうが和らぐ時がうれしい

苦痛がなくなり,馬の表情が和らぐ時がうれしい

馬は基本きほん的にとてもやさしく,かしこい動物です。言葉は通じないけれど,とても忍耐にんたい強いことも分かります。ですから,我慢がまんしていたはずのいたみや苦しみを治療ちりょうによって解消かいしょうしてあげられた時,馬は,とてもおだやかな表情ひょうじょうになるのです。それは馬の目や態度たいどを見るとわかります。わたしは,その表情ひょうじょうを見ると,とてもうれしくなって,この仕事をしていて本当に良かったとしみじみ思います。

スタッフさんたちとのコミュニケーションが大切

スタッフさんたちとのコミュニケーションが大切

獣医じゅういは,命をあつかう仕事です。ですから,馬を診療しんりょうすることはもちろん一番大切ですが,同様にクラブのスタッフのみなさんに信頼しんらいしてもらわなければいけないと思っています。馬の検診けんしん診療しんりょう獣医じゅうい一人だけではできません。普段ふだんの馬の世話はスタッフがになっているわけです。そんなスタッフのみなさんとしっかりコミュニケーションをとり,よく話し合い,納得なっとくしていただいた上で治療ちりょうを行うことが,とても重要なことだと思っています。

馬の魅力みりょくを知った,大学での馬術ばじゅつ経験けいけん

馬の魅力を知った,大学での馬術部経験

馬に出会ったのは,北海道大学で馬術ばじゅつ部に入部したことがきっかけでした。それまでは馬ってスタイルも良いし素敵すてきな生き物だな,と漠然ばくぜんと思っていた程度ていどでした。それが馬術ばじゅつ部で毎日馬にせっし,馬と生活を共にするようになって,だんだん愛着が強くなっていきました。そんな時,馬がケガをしたり,おなかいたくしたりする場面に遭遇そうぐうし,この馬のいたみを治療ちりょうしてあげたいと真剣しんけんに考え,馬専門せんもん獣医じゅういになることを決断けつだんしました。

父の影響えいきょう昆虫こんちゅう好きから動物好きに。それが獣医じゅういへのスタート

父の影響で昆虫好きから動物好きに。それが獣医へのスタート

子どものころは特に虫が好きで,昆虫こんちゅう採集さいしゅうをしたり,カブトムシを飼育しいくしたりしていました。わたしが生き物好きになったのは,父が動物好きでバードウォッチングなどにしょっちゅう連れて行ってくれたのが影響えいきょうしたのかもしれません。中学生,高校生になるとその延長えんちょうで,今度はいろいろな動物をうようになりました。ハムスター,ウサギ,カメ,ザリガニなどを飼育しいくしながらいつも観察していました。その観察眼かんさつがんが今につながっているのかもしれませんね。

こわがらずにチャレンジすれば道は開ける

怖がらずにチャレンジすれば道は開ける

皆さんには,興味きょうみのあることにためらわず,まず挑戦ちょうせんしてみてしい。そして,その中から自分が好きだと思えることをみつけて欲しい。自分の好きなことをめてやっていると,徐々じょじょに道が見えてくるし,自分がやりたい仕事も見えてくる気がします。どんな事にもこわがらずにチャレンジしてしいです。

ファンすべてを見る

(東京都 中1)
(東京都 小6)
(東京都 小4)
(埼玉県 小6)
(東京都 小6)
(東京都 小6)
※ファン登録時の学年を表示しています

私のおすすめ本

ジャン・アンリ・ファーブル
作者自身が小さい頃から昆虫採集が好きで、身近に居る生物を自ら飼育し、その生物の生態を解明して行く。読んでいると身近にこんな別世界が存在することを知り、感動します。
コンラート・ローレンツ
動物行動学を研究している作者が、動物の行動の細部までを観察し、最終的には、動物が何を考えているかまで解明して行きます。読んでいると驚きの連続です。

もっと知りたいこの仕事人

取材・原稿作成:株式会社ユニバーサルデザイン総合研究所/東京書籍株式会社