仕事人

社会にはいろいろな仕事があるよ。気になる仕事や仕事人をたくさん見つけよう!

東京都に関連のある仕事人
1972年 生まれ 出身地 神奈川県
西村にしむら 裕介ゆうすけ
子供の頃の夢: 生物学者(昆虫の研究)
クラブ活動(中学校): バスケットボール部
仕事内容
結婚指輪をつくる
自己紹介
性格:物事の原理を探求するのが好きなせいか、色んなことを考えすぎてしまって、いつも何かしらなやんでいる。(小学校のころから)。趣味しゅみ:美術館に行く、神社に行く、雑貨屋に行く、図書館に行く、家具を作る、書道。

※このページに書いてある内容は取材日(2006年05月10日)時点のものです

「世界に1つ」のアクセサリーを作っています。

「世界に1つ」のアクセサリーを作っています。

指輪もネックレスも,お店に行けばたくさん売っているけれど,「みんなとちがうものがしい」と思ったり,「大好きな人とこの世で2人しか持ってない指輪がしい」なんて思った人が,ぼくのお客さま。ぼくは,相談に来てくれたその人のためだけに,どこにもない特別なデザインを考えます。そして1つ1つ手作りします。海外で活躍かつやくする日本人サッカー選手とその家族仲間のために,サッカーボール型のおそろいのペンダントを11作ったりしたこともあるんですよ。

アクセサリーの作り方,その1。

アクセサリーの作り方,その1。

まず,どんなアクセサリーを作りたいのかお客さまに聞いて,デザイン画という絵をきます。そして,その絵をもとに何度も試作品を作ります。アクセサリーは,金や銀,ダイヤモンドなど,とても値段ねだんの高い材料でつくる「宝物たからもの」だから,しんちょうに作業を進めていくのです。完成するのに,最低でも1ヶ月くらいかかります。大変ですが,お客さまに,「ありがとう,こういうのをさがしていました!」と言ってもらえた時には,本当にうれしいし,ほっとします。

アクセサリーの作り方,その2。

アクセサリーの作り方,その2。

金や銀などの金属きんぞくを,いろいろなアクセサリーのカタチにするには,とかして型に流し込ながしこんだり,トントンたたいて少しずつカタチを整えたりします。指輪なんかは,ほとんどが「トントン」。カタい金属きんぞくをツルンとなめらかな輪にするなんて,人の手ってすごいと思いませんか?

道具も「世界に1つ」。

道具も「世界に1つ」。

アクセサリーづくりには,本当にいろいろな道具を使います。金属きんぞくをみがく「ヤスリ」だけでも何種類もあるし,1mm以下の小さなあなを開ける道具や,そこに宝石ほうせき埋め込うめこむ道具,金属きんぞくを火でとかすバーナーなどです。ぼくは,道具屋さんでこれらの道具を買ってきたら,もっと自分にピッタリになるように,けずったりみがいたりして使っています。

運命の出会い。

運命の出会い。

この仕事につく前,サラリーマンでした。ぼくはデザインに関わるような仕事をしていたわけではなく,普通ふつうの会社で働いていました。でも,もっと自分らしい働き方があるかもしれないと思って,会社をやめたんです。そんなある日,ある洋服屋さんに置いてあったカードに,銀でできたベルトのバックル(とめがね)の写真がのっているのを見つけました。それが,あんまりキレイでカッコ良かったので,思わず,そこに書いてあった作者をたずねて行ったんです。その人のところで1年間勉強させてもらって,ぼくはジュエリーデザイナーになりました。

「ジュエリーデザイナー」になるために。

デザイナーを目指す人は,たいてい,高校や大学,専門せんもん学校などで絵やデザインの勉強をします。でもぼくは,そういう学校に行かなかったので,自分で絵の練習をしたり,本で昔のジュエリーのことを調べたり,美術館びじゅつかんでたくさんのジュエリーを見たりして自分でしっかり勉強しました。

おしゃべりが,デザインの一番のヒント。

おしゃべりが,デザインの一番のヒント。

お客さまと,はじめて話し合いをするとき,ぼくは必ず,直接ちょくせつ会うようにしています。電話やメールは使いません。その人にピッタリなアクセサリーを作るには,サイズやデザインの希望だけではなく,その人全体のイメージを知っておくことがとっても大切だからです。だから,アクセサリー以外の話もたくさんします。洋服のこと,旅行の話,好きな映画えいがや音楽のこと・・・。お客さまの手の写真をっておいたりもするんですよ。

デザインは,お風呂ふろで誕生!?

どうしても,いいデザインがかんでこない時は,思い切ってお風呂ふろに入っちゃうことにしています。もう1つ,よくアイデアを思いつくのが,お布団ふとんの中。ようとして横になると,ふっといいことを思いついたりするんです。だからぼくは,まくらもとにいつもメモ帳をおいてます。

散歩も,仕事のうち。

散歩も,仕事のうち。

いいデザインを思いつくためには,きれいなものをたくさん見ておくことが大切です。ぼくは散歩が好きだから,いろいろなものを見に出かけます。公園や,神社,洋服などのお店,美術館びじゅつかん,お芝居しばい歌舞伎かぶきにも行きます。それから,ファッション雑誌ざっしを1ヶ月に10さつくらい読みます。プロとして,世の中にあるアクセサリーのデザインで,知らないものは1つもないようにしておきたいからです。そうやって頭や心に積もったものが,新しいデザインのヒントになります。

結婚けっこん指輪は,3ヶ月に1つの超大作ちょうたいさく!!

結婚指輪は,3ヶ月に1つの超大作!!

結婚けっこん指輪は特別なもの。お客さまのこだわりも大変強く,1つ作るのに,最低でも3ヶ月はかかります。大変ですが,結婚式けっこんしきで,自分の作った指輪が,およめさんとお婿むこさんの指に入るのを見とどける瞬間しゅんかんは,何度経験けいけんしても感動的です。それから,同級生など,知り合いのために指輪を作ってあげることができるのも,この仕事の素敵すてきなところ。ぼくも,高校の同級生のために結婚けっこん指輪を作ったことがあります。実は,自分の結婚けっこん指輪も,自分で作ったんですよ。

子供こどものころは,虫博士!

昆虫こんちゅうや魚が大好きで,研究者になるのがゆめでした。巨大きょだいなケースの中に,森みたいな環境かんきょうを作って,たくさんの生き物を生活させたりしていました。「小さくて,きれいなもの」が大好きだったんです。たとえばカブト虫なんて,よく見ると本当に美しいカタチをしてるんですよね。あとは,細かい作業も大好きで,花で色水を作ったり,首飾くびかざりをあんだりするのも得意でした。

僕(ぼく)の目標。

僕(ぼく)の目標。

自分のブランドを作って,まずは日本中に,いずれは世界中に,広めていきたいです。それから,きれいなジュエリーが持つパワーを活かして,人の心をおだやかにしたり,元気や勇気をあげられるような仕事,たとえば,セラピー(医学にたよらない治療ちりょう)やカウンセリングのようなこともしたいと考えています。

遊びも,勉強も,がんばれば全部,将来(しょうらい)のパワーになる!

ぼくにとって,大好きだった虫たちの姿すがたが,デザインのヒントになっているように,遊びもいつか仕事に役立ったりします。それから,「こんなの,いつ使うの?」って思っているような勉強も,仕事を助けてくれることがあるんです。たとえばジュエリーデザイナーには,絵や図工だけじゃなく,理科や算数の知識ちしきがとても必要だったりします。子供こどものころの遊びも,勉強も,ムダなことは1つもなかったんだな,と,ぼくは今,強く感じています。

ファンすべてを見る

(東京都 小6)
(兵庫県 小4)
(熊本県 小6)
(東京都 小6)
(宮城県 小6)
(北海道 小6)
※ファン登録時の学年を表示しています

私のおすすめ本

大越俊夫(おおごしとしお)
大切なことに気付かされる言葉、心に刺(さ)さる言葉、勇気の沸(わ)いてくる言葉、たくさんの言葉が詰(つ)まっている。きっと一つはハッとする言葉があるはず。
ダニエル・キイス
10代の時に読んで一番泣いた1冊。人間にとって本当に大切なものは何なのかを考えさせられます。

もっと知りたいこの仕事人

どんな仕事?
取材・原稿作成:(c)学校ネット株式会社(奥元)