仕事人

社会にはいろいろな仕事があるよ。気になる仕事や仕事人をたくさん見つけよう!

埼玉県に関連のある仕事人
1987年 生まれ 出身地 埼玉県
どうぶつかんごし動物看護師
福重ふくしげ 名月なづき
子供の頃の夢: 花屋
クラブ活動(中学校): 合唱部
仕事内容
動物病院で動物看護を行う
自己紹介
ねこき。真面目まじめだけれど不器用ぶきようでおっちょこちょい。休日はお菓子かしつくったりする。

※このページに書いてある内容は取材日(2016年03月17日)時点のものです

2名の動物看護師どうぶつかんごしで,動物病院どうぶつびょういん幅広はばひろ仕事しごとおこな

2名の動物看護師で,動物病院の幅広い仕事を行う

わたし勤務きんむする動物病院どうぶつびょういんには,2名の獣医師じゅういしと, 2名の動物看護師どうぶつかんごしがいます。動物病院どうぶつびょういんくと動物どうぶつのお医者いしゃさん(獣医師じゅういし)が有名ゆうめいですね。獣医師じゅういし診察しんさつ病気びょうき診断しんだん治療ちりょう手術しゅじゅつなどをします。動物看護師どうぶつかんごし病気びょうき診断しんだん治療ちりょう手術しゅじゅつはできません。ですが,動物看護師どうぶつかんごしおこな大切たいせつ仕事しごとはたくさんあります。たとえば,診察しんさつのサポートや検査けんさ手術しゅじゅつ助手じょしゅ入院動物にゅういんどうぶつ看護かんご観察かんさつ記録きろく食事管理しょくじかんり,その他必要たひつよう処置しょち)などです。さらに,動物どうぶつれてくる飼いぬしとのコミュニケーションも大切たいせつです。くすりませかたをおはなししたり,なにこまっていることがないか,わからないことがないか確認かくにんして,アドバイスをしたり,獣医師じゅういしおこな治療ちりょう処置しょちを飼いぬしかりやすく説明せつめいすることもあります。
動物病院どうぶつびょういんは,犬,ねこ中心ちゅうしん診察しんさつするところがおおいですが,わたし勤務きんむする病院びょういんではとり診察しんさつします。とりやウサギ,ハムスター,フェレットなどは「エキゾチックアニマル」とって,診察しんさつしてくれる動物病院どうぶつびょういんすくないとわれています。また,きずついた野生動物やせいどうぶつ保護ほごする特別とくべつ動物病院どうぶつびょういん指定していされているので,きずついたスズメ,ムクドリ,オオタカ,ハクビシン,タヌキなどがはこばれてくることもあります。

動物どうぶつをよく観察かんさつして,最適さいてき看護かんごをする

動物をよく観察して,最適な看護をする

あさ9病院びょういん受付うけつけはじまり,診察しんさつよる7までおこないます。動物看護師どうぶつかんごし受付うけつけ仕事しごともしながら,診察しんさつ手術しゅじゅつ補助ほじょもします。診察しんさつ合間あいま医療器具いりょうきぐの手入れや消毒しょうどくくすり在庫ざいこをチェックして,診察時間しんさつじかんわると,病院内びょういんない掃除そうじ,ゴミ出しなどもおこないます。病院内びょういんない清潔せいけつにすることは,病気びょうき動物どうぶつにうつることを予防よぼうすることや,治療ちりょうしている動物どうぶつ病気びょうきが早くなお環境かんきょうをつくるためにとても大切たいせつなことです。
動物どうぶつ具合ぐあいわるいことを言葉ことばはなしてくれません。ですが,病気びょうきになると色々いろいろなサインで具合ぐあいわるいことをわたしたちにおしえてくれます。たとえば,いたみが表情ひょうじょうやしぐさに出ていたり,呼吸こきゅうが早かったり,したいろむらさきだったりすることがあります。そのサインを見逃みのがさないように動物どうぶつをよく観察かんさつすることがとても大事だいじです。動物看護師どうぶつかんごし受付うけつけで,そのとき動物どうぶつ状態じょうたい観察かんさつし,いそいで処置しょち必要ひつようだと判断はんだんしたら,診察しんさつ順番じゅんばんえて獣医師じゅういし処置しょちをしてもらうこともあります。
そして診察しんさつときは,動物どうぶつ安心あんしんして,安全あんぜん診察しんさつ治療ちりょうけてもらうため,動物看護師どうぶつかんごしは「保定ほてい」をおこないます。「保定ほてい」は,きかかえるなどして動物どうぶつをじっとさせる技術ぎじゅつのことです。力任ちからまかせにおさえるのではなく,診察しんさつ治療ちりょうける動物どうぶつのことをかんがえた技術ぎじゅつを学ぶことが必要ひつようです。

動物病院どうぶつびょういん知識ちしき宝庫ほうこ

動物病院は知識の宝庫

最近さいきん,犬,ねこ鳥以外とりいがい動物どうぶつれてくる人がえてきています。とくに,ハリネズミやフクロモモンガ,テグーなどのめずらしい動物どうぶつを飼う人がえたようにかんじますね。わたしたちの病院びょういんはエキゾチックアニマル専門せんもん病院びょういんではありませんが,動物病院どうぶつびょういんによって診察しんさつできる動物どうぶつ種類しゅるいかぎられていることもありますので,めずらしい動物どうぶつを飼う場合ばあいちかくにてくれる動物病院どうぶつびょういんがあるか,飼うまえ確認かくにんしておいてほしいです。病気びょうきになったとき,きちんと動物病院どうぶつびょういん治療ちりょうけられるようにすることも,ペットを責任持せきにんもって飼うことの一部いちぶです。
ほかにも,動物看護師どうぶつかんごしは飼いぬしにどんなとき動物病院どうぶつびょういんれてったほうがいのか,動物どうぶつへのくすりませかたいえ出来でき動物どうぶつへのケア,老犬ろうけん介護かいご方法ほうほう病気びょうき予防よぼうなど,ペットを飼う上で必要ひつようとなるいろいろな情報提供じょうほうていきょうもしています。ですので,積極的せっきょくてき動物病院どうぶつびょういん活用かつようしてほしいとおもっています。

大好だいすきな動物どうぶつかこまれて仕事しごとができる

大好きな動物に囲まれて仕事ができる

たくさんの動物どうぶつせっしながら仕事しごとができ,毎日まいにちがとても充実じゅうじつしています。そして,病気びょうきだった動物どうぶつ元気げんきになって,退院たいいんするときがうれしい瞬間しゅんかんです。そのときに「ありがとう」とってもらえるとさらにうれしいです。入院中にゅういんちゅうずっと不安ふあんそうな表情ひょうじょうをしていた犬が,退院たいいんするときに飼いぬし再会さいかいして大喜おおよろこびする姿すがた印象的いんしょうてきです。動物どうぶつと飼いぬし関係かんけいきず手助てだすけができているとかんじる瞬間しゅんかんでもあり,動物看護師どうぶつかんごしをしていてかったとおもいます。
動物看護師どうぶつかんごしは,2013年に「認定動物看護師にんていどうぶつかんごし」という資格しかくができ,14,000人以上にんいじょうの人が認定動物看護師にんていどうぶつかんごしとしてはたらいています(平成へいせい28年3月時点げつじてん) 。動物看護師どうぶつかんごし獣医師じゅういし連携れんけいし,動物医療どうぶついりょう提供ていきょうしています。「動物医療どうぶついりょうチーム」の一員いちいんとしてよりしつたか動物看護どうぶつかんご提供ていきょうするためにいまおおくの動物看護師どうぶつかんごしたちが社会しゃかい活躍かつやくしています。動物看護師どうぶつかんごし仕事しごと責任せきにんがあり,大変たいへん仕事しごとかもしれませんが,とてもやりがいのある仕事しごとです。わたしいま一般社団法人日本動物看護職協会いっぱんしゃだんほうじんにっぽんどうぶつかんごしょくきょうかいという,全国ぜんこく動物看護師どうぶつかんごしつく団体だんたいでも活動かつどうしています。この団体だんたいは,行政ぎょうせい社会しゃかいはたらきかけ,たくさんの人に動物看護師どうぶつかんごし仕事しごとってもらい,動物看護師どうぶつかんごし勉強べんきょうできる環境かんきょうづくりをサポートする活動かつどうをしています。

初心しょしんわすれず毎日勉強まいにちべんきょう

初心を忘れず毎日勉強

動物看護どうぶつかんごにはかならずしも正解せいかいはありません。動物どうぶつ個別性こべつせいわせた看護かんごもとめられます。たとえば,おな病気びょうきねこが2ぴきいたとします。おな病気びょうきねこでも,そのねこ性格せいかく生活環境せいかつかんきょうけてきた治療ちりょう,飼いぬしとの関係かんけいなどはそれぞれことなり,個別性こべつせいがあるとえます。動物看護師どうぶつかんごしは,それぞれの動物どうぶつと飼いぬしをみて必要ひつよう看護かんごをすることが大切たいせつなのです。そのためには,「毎日まいにち勉強べんきょう」という姿勢しせいもとても重要じゅうようです。これははたらはじめたころから大切たいせつにしていることでもあります。
動物医療どうぶついりょう看護かんごも,日々発展ひびはってんしています。ですので,自分じぶんからあらたな知識ちしきにつけなければなりません。学生時代がくせいじだいならったことだけでは,目のまえ動物どうぶつたちに最適さいてき看護かんご提供ていきょうすることができません。そこで,動物看護師向どうぶつかんごしむけの研修会けんしゅうかい参加さんかしたり,本をんだり,インターネットで情報じょうほうたり,仕事しごとをしながらの勉強べんきょうかせません。
技術ぎじゅつ知識ちしきくわえて,動物どうぶつ,飼いおもそれぞれへの気遣きづかいもわすれず,いろいろなことに目をけ,つねひろ視野しやちながら仕事しごとをしようとこころがけています。

実習じっしゅうでお世話せわになった動物病院どうぶつびょういん就職しゅうしょく

実習でお世話になった動物病院に就職

子どものころからねこ大好だいすきで,近所きんじょねことよくあそんでいました。将来しょうらいのことをかんがえたとき,動物どうぶつきだったので,動物どうぶつせっすることのできる仕事しごとがしたいとおもうようになりました。中学2年生のころ,動物看護師どうぶつかんごしという仕事しごとがあることをり,目指めざすことにしました。高校こうこう卒業そつぎょうして,動物看護どうぶつかんごを学べる3年制ねんせい短期大学たんきだいがくすすみました。大学3年のときに動物病院実習どうぶつびょういんじっしゅうった動物病院どうぶつびょういんが,じつ今勤務いまきんむしている病院びょういんです。
実習じっしゅうのとき,院長いんちょう先輩せんぱい動物看護師どうぶつかんごしがとてもよく指導しどうしてくださり,病院びょういん雰囲気ふんいきかったので,そのままはたらくことを希望きぼうしました。最初さいしょのころはおぼえることがおおく,本当ほんとう毎日まいにちがあっというぎていきました。それまで学んできたことを実践じっせんするだけではなく,実際じっさいはたらいてみないとからないこともたくさんありました。

勇気ゆうきを出して合唱部がっしょうぶ入部にゅうぶした中学生時代ちゅうがくせいじだい

勇気を出して合唱部に入部した中学生時代

小学校1年生から4年生,そして中学1年生のとき不登校ふとうこう経験けいけんしました。当時とうじわたしはとても内気うちきな子どもでした。人の目を見てはなせなかったり,自分じぶん意見いけん他人たにんつたえたりすることができませんでした。しかし,中学2年生になったとき,すこ勇気ゆうきを出して合唱部がっしょうぶに入ってみました。そこではじめてうたうこと,だれかと一緒いっしょに一つのことをげることの素晴すばらしさを体験たいけんしました。そしてなにより,素晴すばらしい仲間なかま友人ゆうじんができました。高校生こうこうせいになるとと吹奏楽部すいそうがくぶに入り,サックスを演奏えんそうしました。80人以上にんいじょうもいる部活動ぶかつどう人間関係にんげんかんけいもさまざまでしたが,学ぶこともおおきなことができることのたのしさをりました。
思案じあん性格せいかくでしたが,いまでは毎日まいにちたくさんの人や動物どうぶつたちと自分じぶんから積極的せっきょくてき仕事しごとをしています。そして,そんな毎日まいにちがとてもたのしいとかんじています。今思いまおもうと,あのころのすこしの勇気ゆうきかさねが,前向まえむきな変化へんかをもたらしてくれたのかなとおもっています。

得意とくいなこと,きなことを一つでもおおく見つけてほしい

得意なこと,好きなことを一つでも多く見つけてほしい

失敗しっぱいしたことや,苦手にがてなことについてくよくよして,そのことばかりかんがえてしまうかもしれません。しかし,発想はっそう転換てんかんして,「これができる」「わたしはこれが得意とくい」ということを一つでも見つけて,つづけてみてください。
動物看護師どうぶつかんごしになりたてのころ,自分じぶん失敗しっぱいしたときのことや自分じぶんの人とくらべて出来できないことばかり気にして落ちんだ時期じきがありました。そのとき,学生のころから得意とくいだった「チラシつくり」「イラスト制作せいさく」のことをおもい出し,動物看護どうぶつかんご知識ちしきを生かした飼い主向ぬしむけのパンフレットを試作しさくしてみました。すると院長いんちょうが,それを飼い主向ぬしむけのパンフレットとして実際じっさい使つかってくれました。その経験けいけんとおして,人のやくに立てたと実感じっかんでき,自信じしんがつきました。得意とくいなことをばしつつ,「失敗しっぱいから学んでつぎかす!」ということを意識いしきし,苦手にがてなこともすこしずつ出来できるようになりました。みなさんにも,得意とくいなことを見つけて,それをだれかに提供ていきょうし,みとめられて自信じしんがつく,という経験けいけんをしてもらいたいとおもっています。どんな小さなことでもかまいません。自分じぶん得意とくいなこと,きなことを大切たいせつにしていってくださいね。

ファンすべてを見る

(新潟県 小5)
(東京都 小6)
(滋賀県 小6)
(滋賀県 中1)
(茨城県 中1)
(沖縄県 小6)
※ファン登録時の学年を表示しています

私のおすすめ本

加納朋子
加納朋子さんの作品は好きでよく読んでいます。とても暖かなやさしい短編集。読み終わった時、やさしい気持ちになれます。さりげない日々の大切な人との絆。いくつかの作品が掲載されていますが、私はザリガニが主人公の「バルタン最期の日」が好きです。
宮部みゆき
ファンタジー小説。長い本ですが、とても好きな本です。数々の冒険を経て、主人公がたどりついた「答え」に感動しました。子供の頃から大切にしている本です。
取材・原稿作成:東京書籍株式会社