仕事人

社会にはいろいろな仕事があるよ。気になる仕事や仕事人をたくさん見つけよう!

東京都に関連のある仕事人
1969年 生まれ 出身地 静岡県
服部はっとり 幸之助こうのすけ
子供の頃の夢: サッカー選手 、発明家、絵描き
クラブ活動(中学校): サッカー部
仕事内容
ウェディングドレスをデザインする
自己紹介
趣味はサーフィンや読書 映画鑑賞(かんしょう)などです。自然に生かされている実感でリラックスできます。たまに高校生の教え子と一緒に仕事場のアトリエにて映画等を一緒に観賞します。みんなで内容の感想について話し合うのも楽しいですよ。

※このページに書いてある内容は取材日(2006年04月27日)時点のものです

デザイナー=「伝える人」。

デザイナー=「伝える人」。

(ぼく)仕事(しごと)は,洋服(ようふく)のデザインを考えることです。でも,どんなに素敵(すてき)なデザインを思いついても,実際(じっさい)洋服(ようふく)をぬう人や工場に,「(ぼく)は,こんな洋服(ようふく)をつくりたいんだよ」というイメージをちゃんと(つた)えられなければ,みんなに()てもらうことはできません。だから,デザイナーの仕事(しごと)は,「考える」ことと同じくらい,「(つた)える」ことが大切なんです。

絵が苦手でも,大丈夫(だいじょうぶ)

絵が苦手でも,大丈夫!

(ふく)を作るには,まずデザイナーが「デザイン画」という絵を()きます。そうすると「パタンナー」という人が,その絵を見て,その絵と同じようにマネキン人形に(ぬの)()いたり,「パターン」という設計図(せっけいず)を書いたりして,洋服(ようふく)をぬう人にデザインを分かりやすく(つた)えてくれるんです。だからデザイン画は,デザインをパタンナーに(つた)えられさえすればOK。上手,下手は関係(かんけい)ありません。絵が苦手(にがて)なら,言葉(ことば)で話せばいいくらい。ちなみに(ぼく)は,パタンナーの仕事(しごと)も自分でやります。デザインを,自分で直接(ちょくせつ)洋服(ようふく)をぬう人に(つた)えたいからです。(しず)かに考え事(かんがえごと)をする仕事(しごと)だと思われがちだけど,(ぼく)はいつも動き回(うごきまわ)って作業(さぎょう)したり,人と話したりしています。

いろんな人のオシャレを,お手伝いしています。

いろんな人のオシャレを,お手伝いしています。

(ぼく)は,ある高級(こうきゅう)ブランドの会社に(やく)10年間つとめて(テレビドラマの衣装(いしょう)もデザイン!),今は自分専用(せんよう)のオフィス(アトリエ)で仕事(しごと)をしています。いろんなブランドの洋服(ようふく)をデザインしたり,近所(きんじょ)のママとお子さんに,おそろいのスーツを作ったり,ときには,アカデミー(しょう)授賞式(じゅしょうしき)に出るタレントさんの衣装(いしょう)をデザインしたりもします。「フランスの屋根裏(やねうら)部屋(べや)」をイメージして手作りしたアトリエには,毎日たくさんの人がやってきて,(ゆめ)のドレスの話をしたり,サイズを計ったり,(ぬの)やレースなどの材料(ざいりょう)(えら)んだりしています。

かわいさは,「かわいい!」じゃ伝わらない!?

(ぼく)最初(さいしょ),細かい(ぬの)(うご)きや,びみょうな曲線(きょくせん)(かん)じを(つた)えるための言葉(ことば)をほとんど知りませんでした。会社でアシスタントをしていたころは,デザイナーの言うイメージがなかなか理解(りかい)できなくて大変(たいへん)でしたね。だから,辞書(じしょ)をひいたり,たくさん本を読んで,言葉(ことば)意味(いみ)使(つか)い方を勉強(べんきょう)しました。デザイナーは,イメージを,音楽や映画(えいが)のワンシーンにたとえて話すことも多いので,いろんな音楽をきいたり,映画(えいが)をみたりもしました。

魔法(まほう)鉛筆(えんぴつ)

会社でアシスタントをしていたころ,デザイナーの先生の鉛筆(えんぴつ)(けず)ったことがあります。デザイナーは1本の鉛筆(えんぴつ)で,洋服(ようふく)(あらわ)すいろいろな線を()き分けるので,使(つか)った鉛筆(えんぴつ)は,ぐっと反り返(そりかえ)っていたり,(しん)()り方もふつうと(ちが)ったりします。そういう鉛筆(えんぴつ)をきれいに(けず)るのは大変( たいへん)ですが,先生の線の()き方を勉強(べんきょう)する最高(さいこう)のチャンスでもあるので,がんばりました。

ウエディングドレスは,お(よめ)さんを最高に(かがや)かせる特別なドレス。

ウエディングドレスは,お嫁さんを最高に輝かせる特別なドレス。

(よめ)さんと何度(なんど)も話し合いながら,ていねいに作り上げるので,2ヶ月に一(ちゃく)くらいしか作れません。ドレスに合わせてベールや手袋(てぶくろ)などの小物(こもの)を作ることも多く,(ぼく)はスペインの最高級(さいこうきゅう)(かわ)使(つか)い,ベルギーの工房(こうぼう)依頼(いらい)して,長くて真っ白(まっしろ)革手袋(かわてぶくろ)を作ったこともあります。大変(たいへん)だけど,できあがったウエディングドレスを()たお(よめ)さんの笑顔(えがお)を見ると,苦労(くろう)なんて(わす)れます。お(よめ)さんとは,その後も,お子さまの洋服(ようふく)をご注文(ちゅうもん)いただくなど長いおつき合いになることが多く,(しあわ)せをずっと近くで見ていられるのも,この仕事(しごと)素敵(すてき)なところです。

子供のころは,サッカーと,「物づくり」が大好きでした。

(もの)づくり」は,絵を()いたり,工作したり,エプロンをぬったり,何でもこい!でした。大きくなって,サッカーのかわりにサーフィンをするようになったので,サーフショップの店員(てんいん)さんになろうとも思ったけれど,やっぱり特技(とくぎ)直接(ちょくせつ)仕事(しごと)に活かせた方がいいなと思って,「絵」を活かす仕事(しごと)を考えました。オシャレにもけっこう興味(きょうみ)があったので,洋服(ようふく)のデザイン画を()いてみようかなと思ったのが,今の仕事(しごと)(はじ)めるきっかけです。

茶髪(ちゃぱつ)のサーファーが,高級ブランドのデザイナーになったワケ。

専門(せんもん)学校を卒業(そつぎょう)して,絵を勉強(べんきょう)していた時,サーフィン仲間(なかま)でもあった先輩(せんぱい)に,「将来(しょうらい)どんな洋服(ようふく)をデザインしたい?」って聞かれたんです。はやってたブランドの名前を言ったら「ダサイ!」って(わら)われた。こうなったら(だれ)にも文句(もんく)を言わせない高級(こうきゅう)ブランドのデザイナーになってやる!と思って,就職(しゅうしょく)先を(えら)びました。友達(ともだち)はびっくりしてましたけどね。

(ぼく)の夢。

僕の夢。

ヨーロッパの高級(こうきゅう)ブランドの商品(しょうひん)は,買ってから何十年たっても,こわれたらブランド専属(せんぞく)の職人(しょくにん)さんが修理(しゅうり)してくれます。(もの)も,それを作る技術(ぎじゅつ)も,いいものは長く()けつがれていく。(ぼく)もそんな洋服(ようふく)作りをしていきたいと思っています。それから,自分のためだけに作られた洋服(ようふく)()る楽しさを,もっと多くの人に(あじ)わって()しいです。

仕事も,仲間も,机の上じゃ見つからない。

今は,とにかく思いっきり(あそ)んでください。その中で,自分は何をしているときが一番楽しいのか(かん)じるんです。楽しいことをもっと上手になったり,将来(しょうらい)仕事(しごと)にしたりするためだって思えば,勉強(べんきょう)もグッとおもしろくなるはず。それに,(あそ)びをとおして,一生(ささ)え合える仲間(なかま)に出会えることもあります。その仲間(なかま)が,人生を()えるキッカケをくれるかもしれないんです。(ぼく)先輩(せんぱい)の一言で,高級(こうきゅう)ブランドのデザイナーになることを()めたように!

ファンすべてを見る

(東京都 小6)
(東京都 小6)
(茨城県 中2)
(東京都 小6)
(愛知県 中2)
(東京都 小6)
※ファン登録時の学年を表示しています

私のおすすめ本

三島由紀夫
山田勝

もっと知りたいこの仕事人

取材・原稿作成:(c)学校ネット株式会社(足利)