仕事人

社会にはいろいろな仕事があるよ。気になる仕事や仕事人をたくさん見つけよう!

愛媛県に関連のある仕事人
1971年 生まれ 出身地 愛媛県
ぜいりし税理士
かず
子供の頃の夢: プロ野球選手
クラブ活動(中学校): 野球部
仕事内容
税に関わる書類を作り、相談に乗る
自己紹介
根気強くあきらめずにやる性格せいかく。休日は、子ども達と遊ぶかゴルフをやっています。

※このページに書いてある内容は取材日(2009年07月24日)時点のものです

確定かくてい申告書の作成,税金ぜいきんの相談など

確定申告書の作成,税金の相談など

税理士ぜいりしの仕事は,税務ぜいむ書類の作成・税務ぜいむ代理・税務ぜいむ相談に大きく分けられます。まず,税務ぜいむ書類の作成とは,税務署ぜいむしょ提出ていしゅつする確定かくてい申告書を納税者のうぜいしゃに代わって作成することです。確定かくてい申告書は,個人こじんでは3月15日までに提出ていしゅつしなければいけません。また,会社は自分たちで決算期を決めることができるので,各会社の決算月に合わせて,わたしが申告や申請しんせいの代理をしています。決算とは,会社が1年間に一度期間を区切り,収入しゅうにゅう支出ししゅつがどれだけあったか計算することです。例えば3月が決算月であれば,前年の4月から当年の3月までの1年間分を2ヶ月後の5月に申告しますが,3月31日の決算日に帳簿ちょうぼ(おこづかい帳や家計簿かけいぼのようなもの)の内容ないようを見て,会計のルールや税法ぜいほうに合っているかどうか,帳面と領収書りょうしゅうしょ請求書せいきゅうしょなどが合っているかどうか確認かくにんします。また,税金ぜいきんの相談として贈与税ぞうよぜい相続税そうぞくぜいの申告相談のお手伝いなどもしています。他には税務ぜいむ調査ちょうさの立会いという仕事があります。税務ぜいむ調査ちょうさは高松の国税局こくぜいきょくからの調査ちょうさ税務署ぜいむしょからの依頼いらいで行うものですが,すべての会社が税務ぜいむ調査ちょうさの対象ではありませんので,立会いがある会社とない会社があります。西条さいじょう市には34名の税理士ぜいりしがいます。

1週間単位でスケジュールを立てる

1週間単位でスケジュールを立てる

わたしは1週間単位で区切って仕事の計画を立てていますが,週末にだいたい次の週の予定を決めています。月曜はよく電話がかかるので事務じむ所にいますが,それ以外は前の週の金曜に立てた計画にそって仕事を進めています。税務ぜいむ書類作成の仕事では,決算月をむかえた各会社の流れにおうじて処理しょりをします。予め各企業きぎょうさんに帳簿ちょうぼをつけてもらい,パソコンで会計のソフトを使ってもらっているので,経理けいり担当たんとうの方が帳簿ちょうぼ内容ないようをパソコンに入れてくれています。わたしはその内容ないようがきちんとあっているか確認かくにんをします。会計のデータが正しければ,そのデータを事務じむ所に持ち帰り,事務じむ所で会計のデータを申告書に置きえる作業をします。企業きぎょうさんの規模きぼやどのくらい協力していただいているかによってちがいますが,1けんにつき5日~3週間くらいかかります。税務ぜいむ調査ちょうさの立会いは月に2,3けんあり,合わせて1週間くらいかかります。また,月に1,2回企業きぎょうさんを訪問ほうもんするようにしています。企業きぎょうさんの疑問ぎもん質問しつもんちがうので,解決かいけつするために必要な資料しりょう情報じょうほう準備じゅんびしています。

税制ぜいせいの改正が早い

税制の改正が早い

大変なことは,ここ数年,ぜいのルールの変化が早いので,その変化の内容ないようをお客さんに知らせることです。変化したルールに当てはまる会社と当てはまらない会社があるので,それぞれの会社にあった提案ていあんをする回数がえています。そして,景気が悪くなって会社のお金の調達が前よりもむずかしくなりました。そのために,銀行へのお金の流れを書いた帳面や,表などを作成することが多くなってきました。3月にある確定かくてい申告の時期はおそくまで仕事をしていて,休みがあまり取れません。決算が多い3月や9月はとてもいそがしいです。

充実感じゅうじつかん責任感せきにんかん

充実感と責任感

仕事でお会いする会社の社長さんとは年齢ねんれいはなれていますが,向かい合って話すことができることはやりがいを感じます。また,会社の方向せいなどを決定する場に参加できることは充実感じゅうじつかんがあります。もし,あやまった提案ていあんをしてしまったら,相手の会社が間違まちがった方向に進む可能かのうせいがあるので,慎重しんちょう提案ていあんしています。お客さんが新しくマンションやアパートを買う場合,10年間くらいの返済へんさい計画を立てます。そのお手伝いをしていて,計画がうまくいったと感謝かんしゃされるとうれしいです。様々さまざまな業種の方とお話ができるので色々いろいろ情報じょうほうが入ってくることは良いことだと思います。

お客さんとの信頼しんらい関係

お客さんとの信頼関係

お客さんとの信頼しんらい関係をきずいていくことを大切にしています。勉強してきたことをしつけるのではなく,お客さんの意見も取り入れながら,結論けつろんを出すようにします。信頼しんらい関係をきずくために,毎月企業きぎょうさんを訪問ほうもんし,決算の時には報告ほうこくにも行きます。1つのことに対して,いくつかの答えがある時にはきちんと伝えるようにします。お客さんから意見をもらうことは少ない仕事だと思いますが,お客さんにも不満はあると思いますので,その不満にも気づけるようにしたいと思っています。仕事で子どもたちとせっする機会はほとんどありませんが,年に2回くらい『租税そぜい教室』の講師こうしをしていて,税金ぜいきんの使われ方や税理士ぜいりしの仕事などについて,小中学校に行って説明をしています。小さい時から『租税そぜい教室』をしているとぜいに関心が出ていいかなと思います。

経営者けいえいしゃとして必要な仕事

経営者として必要な仕事

大学の時に,社会に出ることに不安があり,何かを勉強して身につけておかなければならないと思いました。父が自営業じえいぎょうをしていたので,ぜいや会計は経営者けいえいしゃとして必要なことで,自分もやってみようと思いました。専門せんもん学校に2年間通い,その後会計事務じむ所で仕事をしながら夜間の専門せんもん学校に行きました。年に1回国家試験がありますが,5科目の受験科目をすべてクリアしなければなりません。試験に合格ごうかくするとともに2年間実務じつむ経験けいけんを積んでから,登録申請しんせいして税理士ぜいりし資格しかくを得ることができます。わたしの場合,周りに税理士ぜいりしを目指している人が多かったことが,自分のプラスになったと思います。

野球少年

野球少年

子どものころは野球選手になることがゆめで,小学2年生から野球をしていました。家の中で何かをするより,体を動かすことが好きでした。だから外でずっと遊んでいましたね。家でおとなしくすわっていることがなく,どこにいるのか親はよくさがしていたようです。そのころから考えると,自分も親も今の仕事にいているとは,想像そうぞうがつかなかったと思います(笑)。やりたいことはやってきましたので,自由奔放ほんぽうに育ちましたね。

努力をしまない

努力を惜しまない

自分がやりたいこと,好きな科目など何でもいいので,自分がまっすぐ進める道を見つけて努力をしまないようにしてしいです。そしてたくさんの人と話をして,自分が好きなことをしてください。色々いろいろ経験けいけんをしてもらいたいです。税理士ぜいりしの仕事は,企業きぎょうさんの一番大事な部分をまかせてもらっています。責任感せきにんかんが強い人には,この仕事が向いていると思います。

ファンすべてを見る

(千葉県 小6)
(宮城県 小6)
(広島県 中2)
(奈良県 小6)
(兵庫県 小6)
(宮城県 小6)
※ファン登録時の学年を表示しています

私のおすすめ本

藤原 正彦
いま、日本人に必要なものがわかってくる。
宮部 みゆき
ドキュメンタリー的手法で現代社会ならではの悲劇を浮き彫りにするところがよい。
取材・原稿作成:西条市産業振興課 加藤、編集:(c)学校ネット株式会社