和菓子職人(わがししょくにん)

和菓子職人
和菓子(わがし)は「五感の芸術(げいじゅつ)」ともいわれます。長い歴史と伝統(でんとう)のあるものから,創作(そうさく)和菓子(わがし)といった新しいものまで,数えきれないほどさまざまな種類の和菓子(わがし)を,(うで)によりをかけて作っていくのが和菓子(わがし)職人(しょくにん)の仕事です。季節や自然をモチーフに,味と美しさを追求します。そのために,()す・焼く・練るといった基本(きほん)的な技術(ぎじゅつ)はもちろん,美しい色や形にまとめていく感性(かんせい)創造(そうぞう)(せい)が求めれます。一人前になるのに10年はかかるといわれる(きび)しい世界ですから,(こころざし)を持ち続けながら,経験(けいけん)を積んでいくことが必要です。

仕事人インタビュー

町野 仁英
和菓子を考えて生み出し,チームで作る指導・監修をする。
ビル・ リオングレロー
大福やその他の和菓子の製造,若い新人の教育を行う。
アオヤギさん
和菓子を作り、和菓子店を経営する