仕事人

社会にはいろいろな仕事があるよ。気になる仕事や仕事人をたくさん見つけよう!

東京都に関連のある仕事人
1982年 生まれ 出身地 埼玉県
福田ふくだ 千明ちあき
子供の頃の夢: 作家
クラブ活動(中学校): ソフトボール部
仕事内容
レジとカウンターの仕事をする
自己紹介
明るく、元気!趣味はDVD鑑賞・ショッピングです。

※このページに書いてある内容は取材日(2006年06月29日)時点のものです

レジとサービスカウンターの仕事をしています

レジとサービスカウンターの仕事をしています

みなさんがスーパーマーケットで買い物をするとき,最後に行くところはどこでしょう? そう,レジです。わたしが働いているサミットというスーパーでは,レジのことをチェックスタンドといいます。そして,その横には,サービスカウンターがあります。サービスカウンターは,お客さんの呼び出よびだし放送をしたり,落し物をあずかったり,苦情くじょうや返品を受け付ける場所です。そのチェックスタンドとサービスカウンターの仕事をするようになって,6年目になります。サミットに入社したころは,ひとつのレジに立って,一人ひとりのお客さんに品物をわたし,お金を受け取る仕事をしていましたが,今では,チェックスタンド部門の責任者せきにんしゃとして,全部で11台あるレジとサービスカウンターの全体を見ています。

レジの開閉(かいへい)を指示したり,店内放送をしたり,質問窓口としても

レジの開閉(かいへい)を指示したり,店内放送をしたり,質問窓口としても

具体的にいうと,レジとサービスカウンターの間を行き来して,お客さんの買い物のお手伝いをしながら,レジのあたりにどのくらいお客さんがいるかを見ておくのです。そして,レジがんできたらめていたレジを開けるように,ぎゃくに空いてきたらレジをめるように指示しじします。それからサービスカウンター内にあるマイクで,「本日は,冷凍れいとう食品が4割引わりびきとなっております」であったり,「お客様のお呼び出よびだしをいたします」といったような,店内放送もします。ほかにも,お客さんからの質問しつもん窓口まどぐちとして,電話を受けたり,売り場の案内をしたり,要望を聞いたりするのも大切な仕事です。

うれしいのはお客さんとの会話。心がけているのは笑顔

うれしいのはお客さんとの会話。心がけているのは笑顔

この仕事をしていて楽しいなあと思うのは,いろいろなお客さんとの会話です。いそがしいとついつい,お金と品物の受け渡うけわたしだけになってしまうのですが,そんな中でも小さなお子さんが笑顔で「バイバイ」と手をってくれたりすると,ホッと笑顔になります。お年寄としよりの方の荷物を,ふくろづめする台(サッカー台というんですよ)へと運んだときに,「ありがとう,またくるからね」などと笑顔でいわれると,とてもうれしくなるのです。だから,わたしもどんなにいそがしくても,お客さんに対して笑顔でいることを心がけています。

つらいけれど,ありがたいお客さんの苦情

つらいけれど,ありがたいお客さんの苦情

ぎゃくにつらいのも,やっぱりお客さんとのやりとりです。「店員の対応たいおうが悪い」「売り場とレジで値段ねだんちがうんだけど…」などと言われると,落ち込おちこみます。でも,今では「悪いところを直してほしくて,わざわざ言ってくれているのだ」と思えるようになりました。ほかのスーパーに行かずに,そうやって言ってくれるのは,本当にありがたいことなのです。

失敗をするということは,経験を積むということ

失敗をするということは,経験を積むということ

そういうふうに思えるようになったのも,いままでたくさんの失敗をしてきたから。まだ,仕事を始めたばかりのころは,例えば「バナナがいたんでいた」と言われると,もうそれだけで落ち込おちこんで「すいません」を言うのがやっとでした。お客さんもおこったまま。でも,今では前向きに「せっかくお買い上げいただいたのに,すみません。お取替とりかえもいたしますし,ご自宅じたくまでおとどけすることもいたしますが…」ともっとお客さんのことを考えた対応たいおうができるようになりました。すると,不思議なことに,最初はおこっていたお客さんも「いいのよ。」と気持ちよく帰ってもらえるのです。だから,失敗をするということは,それだけ経験けいけんを積むということなのだとわたしは思います。

人が好きで,じっとしていられない性格です

人が好きで,じっとしていられない性格です

わたしが働くのは,生活のためでもあるけれど,人が好きで,じっとしていられない性格せいかくだから。スーパーの仕事を選んだのも,同じ理由です。この性格せいかくは,子どものころから変わっていませんね。家にじっとしているのが苦手で,男の子にじって,おにごっこをしたり,ドッジボールをしたり。小学校4年生のときに始めたソフトボールも,高校生まで続けていました。性格せいかくは変わらなかったけれど,ころころと変わったものもあります。それは,ゆめです。ケーキ屋さんになりたかったこともあるし,小説家やコックさんになりたかったこともあります。そのときに流行っていたものには,なりたかったんです(笑)

世の中には,勉強だけでは気付かない仕事もある

世の中には,勉強だけでは気付かない仕事もある

世の中にはたくさんの仕事があります。でも,その中には,勉強だけをしていると気付かないものもあると思うんです。だから,外に出て友だちと遊んだり,いろいろなことに挑戦ちょうせんしてみてほしいと思いますね。そうやって,自分のいる世界を広げておくほうが,本当にやりたいことも見つかる気がするんです。

ファンすべてを見る

(兵庫県 小6)
(兵庫県 小6)
(東京都 小6)
(長崎県 小4)
(東京都 小6)
(鹿児島県 中2)
※ファン登録時の学年を表示しています

私のおすすめ本

マーティン ハンドフォード
子供の頃に好きだった本

もっと知りたいこの仕事人

どんな会社?
取材・原稿作成:(c)学校ネット株式会社