仕事人

社会にはいろいろな仕事があるよ。気になる仕事や仕事人をたくさん見つけよう!

静岡県に関連のある仕事人
1988年 生まれ 出身地 静岡県
ふぇあとれーどしょっぷはんばいいんフェアトレードショップ販売員
まみ
子供の頃の夢: デザイナー
クラブ活動(中学校): 美術部
仕事内容
輸入雑貨を販売する
自己紹介
気まぐれで自由な人間です。人とせっすることが好きです。休日はドライブをしたり、自然に囲まれてごすことで気分転換てんかんをしています。

※このページに書いてある内容は取材日(2010年11月09日)時点のものです

輸入ゆにゅう雑貨ざっか販売はんばいする

輸入雑貨を販売する

わたし輸入ゆにゅう雑貨ざっかあつかうお店で,販売はんばいの仕事をしています。お店の商品やその原料は,どれも「フェアトレード」という方法を使って輸入ゆにゅうした物です。お店では洋服やアクセサリー,あめ・クッキーなどの食品,それからカートカン飲料『浜松はままつ珈琲こーひー』などを取りあつかっており,これらを小学校の教室の半分くらいの広さがある店内に陳列ちんれつしています。お店は住宅街じゅうたくがいの一角にあり,お客様は,散歩の途中とちゅうたずねてくださる方や,仕事帰りに立ちってくださる方が多いです。お店ではわたしふくめて5人の店員が交代で働いていて,わたしは,接客せっきゃくや仕入れた商品の確認かくにん陳列ちんれつ,他にもホームページの更新こうしんなどの仕事をしています。

掃除そうじ陳列ちんれつ,お客様にご案内

掃除,陳列,お客様にご案内

朝10時40分ごろにお店に到着とうちゃくしたら,お店の軒先のきさきに商品をならべ,店内を掃除そうじします。11時に開店して,お客様がお店に来られている間は,商品の説明をしたり,お客様に似合にあう洋服を提案ていあんしたり着こなしのアドバイスをしたりします。お客様が来られていない時間には,仕入れた商品を箱から出して数を確認かくにんする,商品をふくろめして陳列ちんれつする,品切れになった商品の注文の準備じゅんびをする,商品の写真をってホームページに掲載けいさいする,インターネットから注文された商品を送るなどの仕事をしています。19時になったらお店をめ,陳列棚ちんれつだなゆかなど店内を掃除そうじし,一日の売り上げのメモを帳簿ちょうぼにきちんと記録して仕事を終えます。

フェアトレードは身近な国際こくさい貢献こうけん

フェアトレードは身近な国際貢献

「フェアトレード」とは,商品を海外から輸入ゆにゅうするさいの考え方の1つです。普通ふつう会社が貿易ぼうえきをする時は,消費者に商品をより安い値段ねだんで売るために,生産者から少しでも安く商品を仕入れようとしますが,フェアトレードでは,商品の値段ねだんが少し高くなったとしても,発展はってん途上とじょう国の生産者に対して,しつの良い商品を作る費用に十分見合う金額きんがく支払しはらいます。こうすることで,生産者の生活を支援しえんでき,消費者としても安心してしつの良い商品を手に入れられます。フェアトレードの仕組みは日本ではあまり知られていないので,お客様の接客せっきゃくをするさいは,お買い物を通じて気軽に国際こくさい貢献こうけんができることをご説明すると同時に,オーガニックコットンを使った洋服のはだざわりの良さや,無農薬栽培さいばいの食品の安全せいなど,商品自体の魅力みりょくも十分に伝えるようにしています。

勉強を欠かさない!

勉強を欠かさない!

わたしが仕事をする上で大切にしていることは,つねに商品の勉強をするということです。お店の商品は季節ごとに新しくなるので,新しい商品についてわたしたち店員が知識ちしきを持っていないと,お客様に商品の魅力みりょくをお伝えすることができません。商品の生産国や生産者の方,それから素材そざい・取りあつかいの注意点など,勉強すべきことはたくさんあります。食品の場合は,自分で味を確認かくにんすることもあります。例えば,紙製かみせい容器ようきのカートカンに入った『浜松はままつ珈琲こーひー』を実際じっさいに飲んでみると,金属製きんぞくせいかんくさみがないことに気づき,お客様により分かりやすく美味しさをご説明できるようになりました。

幸せのかけ橋に

幸せのかけ橋に

この仕事のやりがいは,フェアトレードの仕組みを使って商品を販売はんばいすることで,商品を生産している世界の人とつながりを持つことができ,さらにその方々かたがたの生活の支援しえんもできる点です。お客様が商品をとても気に入ってくださり,お買物をませ笑顔で帰って行かれる瞬間しゅんかんを見ると,商品を作る人と買う人,双方そうほうが幸せになるためのかけ橋になれているのかなと思い,とてもうれしいです。また,フェアトレードの商品は手作りなので,全ての商品に作った人の心がこもっています。商品をお客様におわたしすると,その心までもおとどけできているような気がして,あたたかい気持ちになれることもやりがいの一つです。

自然とのれ合い

自然との触れ合い

小学生のころは,放課後になると毎日のように学校のうらの公園に行き,日がれるまで遊んでいました。探検たんけんをしたり,木の実を取ったり,小川で遊んだりと,とても楽しかったことを覚えています。そういった自然とのれ合いの心地良さがわすれられず,大人になった今でも,よく友達とピクニックや散歩に出かけています。自然とれ合うことは心のリフレッシュになると思います。特に,何かなやみがある時や心がつかれている時などは,自然が力を分けてくれるような気がします。

世界を変えるお手伝いがしたい

世界を変えるお手伝いがしたい

大学で世界の文化について学んだことがきっかけでフェアトレードに興味きょうみを持ち,この仕事を始めました。わたしたちが一人でできることはかぎられてしまいますが,一人が十人になり,百人になり千人になり…と団結だんけつして広がっていったら,その力は無限大むげんだいです。フェアトレードにはそうやって世界を変えられる可能かのうせいがあり,ぜひわたしも世界を変えるお手伝いをしたいと思いました。わたしだからできることと,多くの人数だからできること,その両方の良さをこの仕事では発揮はっきできると思います。

「ありがとう」の気持ちを大切に

「ありがとう」の気持ちを大切に

毎日ご飯を食べられること,勉強ができること,友達と遊べることなど,みなさんにとって当たり前の毎日が,当たり前ではない国が世界にはたくさんあります。だから世界を助けよう,と思うことも大切ですが,まずみなさんは,自分の今の生活のすべてに「ありがとう」の気持ちを持ってごしてみてください。そうすると,ぐっと視野しやが広くなり,人とささえ合うことの大切さにも気付くことができると思います。そして,「ありがとう」の気持ちをくれる周りの人たちのために自分ができることを考え,それを実行していくことが,世界を助ける一歩になるのだと思います。

ファンすべてを見る

(長崎県 小4)
(宮城県 中1)
(神奈川県 小6)
(滋賀県 中1)
(大阪府 中2)
(神奈川県 小6)
※ファン登録時の学年を表示しています

私のおすすめ本

梨木 香歩
生きる意味や自分らしさについて考えていた時に、この本から答えをもらいました。文体もとても読みやすく、読後感がすっきりとさわやかな作品です。
さくら ももこ
さくらももこさんのエッセイはどれも好きなのですが、特にこれはタイトルが好きです。

もっと知りたいこの仕事人

取材・原稿作成:(c)学校ネット株式会社