仕事人

社会にはいろいろな仕事があるよ。気になる仕事や仕事人をたくさん見つけよう!

愛媛県に関連のある仕事人
1952年 生まれ 出身地 愛媛県
ゆうびんきょくちょう郵便局長
なみちゃん
子供の頃の夢: 測量士
クラブ活動(中学校): 卓球部 、陸上部
仕事内容
郵便局で郵便・貯金等の商品を売る
自己紹介
中学生の時に父親をくし母の苦労を見ているので、我慢がまん忍耐力にんたいりょくはあると思います。趣味しゅみはゴルフですが、最近は仕事がいそがしくてコースへ行けないのがなやみです。

※このページに書いてある内容は取材日(2009年10月27日)時点のものです

郵便ゆうびん・貯金・生命保険ほけん・カタログ販売はんばい

郵便・貯金・生命保険・カタログ販売

みなさんは郵便局ゆうびんきょくへ来たことがありますか?以前は国が郵便局ゆうびんきょく運営うんえいしていましたが,平成19年10月に「民営みんえい化」といって民間の会社に変わり,仕事の内容ないよう毎に,郵便局ゆうびんきょく会社・郵便ゆうびん事業会社・ゆうちょ銀行・かんぽ生命という4つの会社に分社化されました。わたし勤務きんむする西条さいじょう西田郵便局ゆうびんきょくは,商品の販売はんばいやサービスの提供ていきょうを行う郵便局ゆうびんきょく会社に当たります。民営みんえい化されてもお客様は,郵便ゆうびん・貯金・保険ほけん・カタログ販売はんばい(お取次ぎサービス)等,民営みんえい化前と同様のサービスを利用ができます。わたしが働いている西条さいじょう市内には,規模きぼの大小はありますが20の郵便局ゆうびんきょくがあり,それぞれ地域ちいき社会の発展はってんを目的としています。「地域ちいきとともに歩む郵便局ゆうびんきょく」を作っていくことが理想です。

窓口まどぐち応対おうたい

窓口応対

郵便局ゆうびんきょく勤務きんむ時間は8時50分から17時35分までですが,わたしは8時に出勤しゅっきんして朝の掃除そうじ準備じゅんびをしています。わたし勤務きんむする西条さいじょう西田郵便局ゆうびんきょくには預金よきん募集ぼしゅう担当たんとうする渉外しょうがい社員はいませんので,窓口まどぐちでのお客様対応たいおうが中心になります。窓口まどぐち営業えいぎょう時間は郵便ゆうびんが9時から17時,貯金・保険ほけんが9時から16時,ATMは9時から17時半です。利用者の大半が地元の方ですので,ほとんどのお客様の顔と名前が分かります。わたし勤務きんむする地域ちいきでは,近年高齢こうれい化が急速に進展しんてんしています。今後,ますます進む高齢こうれい化社会の中で,郵便局ゆうびんきょく地域ちいきに安心をあたえ,使い勝手の良いものにできたらいいなと,日々ひび努力しています。

地域ちいきに根ざした身近な金融きんゆう機関として・・・

地域に根ざした身近な金融機関として・・・

郵便局ゆうびんきょく会社は営業えいぎょうの会社です。郵便ゆうびん・貯金・保険ほけん物販ぶっぱん等それぞれの事業に営業えいぎょう目標があります。冬は年賀ねんがハガキ,お歳暮せいぼ販売はんばいに全力を挙げています。最近わかい世代の人達が,年賀状ねんがじょうを出さないでメールで年末年始の挨拶あいさつませるようになっているので,どうやったらわかい人達にも年賀状ねんがじょうを書いてもらえるかということも課題です。実は2008年からは「キャラクター年賀ねんが」というディズニーキャラクターを使った年賀ねんがハガキの発売を始めているんですよ。また,お金をあつかう仕事なので緊張感きんちょうかんを持って仕事をしています。昔は仕事が終わったらお金を手作業で数えていたのですが,今はお金を機械が数えて出してくれるので随分ずいぶん楽になりました。最後に帳簿ちょうぼに書かれた金額きんがくと手元にあるお金が合えば一日の仕事が無事に終わったという感じです。年末年始と,年度末である3月はいそがしいです。

目標を達成した時

目標を達成した時

色々いろいろな人と知り合うことができ,声をけていただけることがこの仕事の魅力みりょくですね。お客様から「お世話になりました」「助かった」とお礼の言葉を言われた時もうれしいです。また郵便局ゆうびんきょくにも切手やハガキや物販ぶっぱんの売り上げ,保険ほけん契約数けいやくすうなどの目標があります。これらの営業えいぎょう目標を達成した時にもやりがいを感じます。それから地域ちいき密着みっちゃく型の郵便局ゆうびんきょくなので,お客様が郵便局ゆうびんきょくに入って来た時に,顔と名前が分かります。エプロン姿すがたで来ていただいたり,世間話や相談など気軽に利用していただいたりするとうれしいですね。

お客様との信頼しんらい関係

お客様との信頼関係

仕事をしていく上で,お客様との信頼しんらい関係が一番大切だと思います。金融きんゆう機関には,郵便局ゆうびんきょくだけではなく銀行や信用金庫などがあり,お客様はそれらを自由に選ぶことができます。その中で郵便局ゆうびんきょくを利用していただくためにも,正確せいかくな取りあつかいをしてお客様を裏切うらぎらないようにしています。そして,丁寧ていねい対応たいおう心掛こころがけて,郵便局ゆうびんきょくのファンをやせるように努力しています。たまにクレームなどもありますが,真剣しんけんに受け止めて信用を無くさないようにしています。クレームがあるということはそれだけ郵便局ゆうびんきょくに期待をしていただいているということだと思うので誠実せいじつ対応たいおうしようと思います。

母が一人になる

母が一人になる

最初は郵便局ゆうびんきょく就職しゅうしょくするつもりではありませんでしたが,父が中学生の時にくなり,わたし就職しゅうしょくをして家を出ると母が一人になってしまいます。「母を一人にすることはできない」と思いながら家計をささえるためにアルバイトをしていた時に,郵便局ゆうびんきょくの試験があることを偶然ぐうぜん知り,応募おうぼしたことがきっかけでこの仕事にきました。以前は資格しかくが無くてもほとんどの業務ぎょうむができたのですが,今は「証券しょうけん外務員がいむいん」という資格しかくが無ければ保険ほけん金融きんゆう商品をお客様にすすめることができません。その他にもおすすめする商品におうじて資格しかくが必要になります。子どものころ測量そくりょうの仕事がしたいと思っていました。

山育ち

山育ち

わたしは山で育ちました。ちょうど幼稚園ようちえん制度せいどが始まった年で小学校のとなりにできた幼稚園ようちえんに通いました。小学校の同級生は16人で,中学校の同級生は32人でした。とても小さい学校で,全校でも児童・生徒は100人くらいでした。現在げんざいではわたしが通っていた学校は廃校はいこうになりました。学校の行きや帰りに野山をめぐっていたのは良い思い出です。男友達5,6人で木登りをしたり,かきやいちじくなど季節の果物をよく取りに行ったりしました。仲間とソフトボールもしましたね。小学低学年のころには山でもテレビが普及ふきゅうし始め,テレビがある家に地区のみなで集まって見に行きました。もちろん,家の手伝いも良くしましたね。

「手紙文化」は日本人の心

「手紙文化」は日本人の心

今はメールや電話で簡単かんたん連絡れんらくができます。そのため手紙ばなれが多くなっています。「手紙文化」というのは日本独特どくとくの物ですから日本人の心としてずっと残していってしいです。手紙を受け取った時は,メールとはちがった喜びがあります。また,手紙を書くことにより文章表現ひょうげんもうまくなります。後で見た時に,「あの時はこんなことを思っていたな」と楽しかった事を思い出せます。ぜひ,みなさんも夏休みに暑中見舞みまいを出したり,冬休みに年賀ねんがハガキを先生や友達に出したりして,休み中も元気で頑張がんばっているということを伝えてしいですね。

ファンすべてを見る

(香川県 中2)
(香川県 中2)
(香川県 中2)
(福岡県 小6)
(北海道 小5)
(石川県 中2)
※ファン登録時の学年を表示しています

私のおすすめ本

玉井 通孝

もっと知りたいこの仕事人

取材・原稿作成:西条市産業振興課 加藤、編集:(c)学校ネット株式会社