養蜂家(ようほうか)

養蜂家
ミツバチをいくしてハチミツやみつろうなどをとるのがようほうの仕事です。ようほうは古くから世界中で行われてきました。日本でいくされるミツバチには,西洋から持ちこまれたセイヨウミツバチと,日本に古くからいるニホンミツバチの2種がありますが,ニホンミツバチはいくむずかしいなどの理由で,国内で流通するハチミツの大半はセイヨウミツバチのものです。日本では近年,自然かんきょうげんしょうなどで生産量がってきていますが,自然の中で,生き物とともに行うというところにやりがいを感じることのできる仕事です。

「養蜂家」の仕事内容と共通点がある職業

仕事人インタビュー

西村 玲子
ニホンミツバチのハチミツを使ったものづくりを通して,自然に寄り添う暮らし方を発信する。