診療放射線技師(しんりょうほうしゃせんぎし)

診療放射線技師
診療しんりょう放射線ほうしゃせん技師ぎし医師いし指示しじのもとで、レントゲン、CT、MRIといった放射線ほうしゃせん磁気じき装置そうちを用いた検査けんさをおこないます。放射線ほうしゃせんは正しく使用しないと人体に危害きがいおよぼすことがあるので、あつかうには特別な専門せんもん知識ちしきが必要です。医師いしと歯科医師いし診療しんりょう放射線ほうしゃせん技師ぎしだけが、その放射線ほうしゃせんあつかうことを法的に許可きょかされています。そのため、大病院などでは、放射線ほうしゃせん検査けんさ基本きほん的に放射線ほうしゃせん技師ぎしによっておこなわれます。検査けんさ以外にも、がん治療ちりょうの一つである放射線ほうしゃせん治療ちりょう放射線ほうしゃせん技師ぎしの仕事です。仕事場は病院が主ですが、放射線ほうしゃせん専門家せんもんかとして原子力発電所などで働くこともあります。
キャリアマップ

「診療放射線技師」の仕事内容と共通点がある職業

「診療放射線技師」の他の呼び方:レントゲン技師、放射線技師、エックス線技師

仕事人インタビュー

takahiro
患者さんのレントゲンを取る