装蹄師(そうていし)

装蹄師
蹄鉄ていてつとは、競走馬などのひづめを守るために打つ保護ほご具のことで、人間で言えば足を守るくつにあたります。そうていはこの蹄鉄ていてつを馬のひづめに打つ技術者ぎじゅつしゃです。主な仕事は蹄鉄ていてつの作成と打ち付け、さらに馬のひづめさくていがあります。人間のくつが足のサイズに合わせて作られているように、蹄鉄ていてつも馬のひづめのサイズによって作られます。また、馬の年齢ねんれいによってもふさわしい蹄鉄ていてつ構造こうぞうがあるため、そうした要素ようそかんがみてそうてい蹄鉄ていてつ製作せいさくしなくてはなりません。できあがった蹄鉄ていてつを馬のひづめに打ち付けるのにも経験けいけん技術ぎじゅつが必要です。馬のひづめは人間の足のつめのようにびていくので、それをけずる(さくてい)のもそうていの大切な仕事です。
キャリアマップ

「装蹄師」の仕事内容と共通点がある職業

仕事人インタビュー