葺き師(ふきし)

葺き師
は,屋根をくことをせんもんにする仕事です。屋根はスレートやかわらなど,ざいも多様で,「きりづま屋根」や「よせむね屋根」など,形もさまざまです。屋根のざいや形,建物の種類によって,の仕事ないようは大きく変わります。古来からのでんとうてきな屋根として,ススキやチガヤなどの植物を材料としてつくられる「かやき屋根」といったものもあり,こうしたでんとうてきな屋根をくには,せんもんせいの高いじゅつが必要となります。

「葺き師」の仕事内容と共通点がある職業

仕事人インタビュー

和田 真樹
合掌造りの茅葺き屋根を新しく葺き替える。