落語家(らくごか)

落語家
落語は,江戸(えど)時代から続く伝統(でんとう)芸能(げいのう)です。ひとりで何役も(えん)じ,身ぶり手ぶりで話を進め,手ぬぐいや扇子(せんす)を使って表現(ひょうげん)する演芸(えんげい)です。落語家になるためには,師匠(ししょう)真打(しんうち))へ弟子入りし,修行(しゅぎょう)するというのが一般(いっぱん)的です。見習いに始まり「前座(ぜんざ)」,「二つ目」,「真打(しんうち)」と昇進(しょうしん)していきます。弟子入りするためには,年齢(ねんれい)経歴(けいれき)基準(きじゅん)はありませんが,(だれ)もが入門を(ゆる)されるわけではありません。また,落語家は年齢(ねんれい)に関係なく続けることができますが,人気と実力が必要となる世界です。

「落語家」の他の呼び方:噺家

仕事人インタビュー