土木技術者

土木技術者
けんせつぎょうのうち,土木の分野で働くじゅつしゃが土木じゅつしゃです。土木じゅつはもっとも古いじゅつとも言われます。道をつくり,川に橋をかけ,農業のためのかんがいを行うなど,いずれも土木じゅつです。鉄道,ダム,トンネル,橋,上下水道などの社会インフラをつくるのは,いずれも土木の仕事です。また,公共事業として行われることが多いのもとくちょうです。社会のばんをつくる仕事ともいえるでしょう。

土木工事にあたっては,さまざまなじゅつしゃたずさわります。まずけんせつ予定地の地形などを調ちょうし,次に,せっけいたんとうしゃせっけいをつくり,費用や期間を決定します。こうだんかいでは,こう分野のじゅつしゃが工事方法をけんとうして,工事の計画を作成します。さらに,げんたんとうしゃが,その計画にしたがって機材や作業員を手配し,あんぜんせいかくにんしながらげんします。ダムやトンネルなどの大きなこうぞうぶつをつくる仕事の場合は長期間にわたってけんせつたいざいしての仕事になります。時には5年,10年年単位の時間をかけてきょだいこうぞうぶつをつくり上げることもあります。社会のささえとなるものをつくることが多く,やりがいの大きな仕事です。

「土木技術者」の仕事内容と共通点がある職業

「土木技術者」の他の呼び方:シビルエンジニア、土木エンジニア

仕事人インタビュー

堀川 真加
社会インフラを自分で計画し,調査,設計,工事を行い,運営する。
髙岡 怜
プロジェクトメンバーの技術力を合わせ,1人ではつくれない大きな土木構造物をつくり上げる。