下駄職人(げたしょくにん)

下駄職人
は、もくせいの台にあなを開けてはなをすげたものです。かつてぞうとともににちじょう生活で使われるものでしたが、くつきゅうして使用される機会はおおはばりました。しょくにんは材料の木をけずってを作ります。材料としてはきりすぎなどのほか、ひのきなども用いられます。

「下駄職人」の仕事内容と共通点がある職業

仕事人インタビュー

諸橋 有斗
郡上おどりで使われる「踊り下駄」を作る。