木地師(きじし)

とは,ろくろを用いてわんぼんさかずきなどの日用木工品を加工し,せいぞうするしょくにんです。トチやケヤキ,ミズメ,ブナ,ヒノキなどの木材をろくろで回転させ,ろくろかんななどのものけずって形を整えて,うつわなどを作り出します。ろくろかんなが自分で自分に合ったものを作ります。ろくろを使うので,「ろくろ」とばれることもあります。が形を整えたうつわには,うるしったり,まきまきほどこしたりして仕上げますが,自らうるしって仕上げまでをおこなうもいます。

木地師

「木地師」の仕事内容と共通点がある職業

塗師蒔絵師

「木地師」の他の呼び方:ろくろ師

あしたね仕事人インタビュー(「木地師の仕事」に関する職業インタビュー)