仕事人

社会にはいろいろな仕事があるよ。気になる仕事や仕事人をたくさん見つけよう!

愛媛県に関連のある仕事人
1976年 生まれ 出身地 愛媛県
せいたいし整体師
河村かわむら 幸三こうぞう
子供の頃の夢: 保育士
クラブ活動(中学校): 水泳部
仕事内容
骨のバランスを整え、体を楽にする
自己紹介
小さいころからマイペース。ちがうと思ったらだれにでもハッキリ言うタイプ。カラオケが好きでよく行きます。

※このページに書いてある内容は取材日(2010年03月12日)時点のものです

整体・リラクゼーション

整体・リラクゼーション

わたし整体師せいたいしとして,お客さんのかたこりや腰痛ようつう偏頭痛へんずつうを楽にする仕事をしています。わたしの整体院では,ほねのバランスの調整をする「整体」と,全身のもみほぐしをする「リラクゼーション」を行っています。1回当たりの施術せじゅつかる時間は,整体はお客さんの状態じょうたいに合わせて60~90分,リラクゼーションは60分です。月に一度来られるお客さんが多く,中には二度以上来られている方もいます。わたしの整体院ではわたし一人で仕事をしているので,施術せじゅつだけでなく,お客さんへの案内状あんないじょうの送付やお電話,また事務じむ処理しょりや使ったタオルの洗濯せんたくなどもしています。

お客さんに合わせて施術せじゅつをする

お客さんに合わせて施術をする

毎朝整体院に来て,掃除そうじをしたり看板かんばんを出したりした後,軽く準備じゅんび体操たいそうをします。9時30分に開店し,お客さんの都合に合わせて20時ごろまで営業えいぎょうしています。施術せじゅつは手だけで行ない,器具は一切使っていません。もみほぐしをする時は,わたしの整体院では,お客さんにまず横向きになってもらって左右をほぐし,次に仰向あおむけ,最後にうつせになってもらい,全身をほぐしていきます。アロマにはいやしの効果こうかがあると聞いたので,整体院にはラベンダーやローズマリーなどの香料こうりょうを置いているんですよ。

一人ひとりちがうので加減かげんする

一人ひとり違うので加減する

一人ひとりいたみやりがちがうので,その人に合わせた施術せじゅつを心がけています。また調度良い強さも人によってちがうので,まず初めに中間くらいの強さでしてみて,お客さんにもっと強い方が良いか弱い方が良いか,力加減かげんを聞きます。聞くだけでなく,した時のお客さんの表情ひょうじょうにも気を付けるようにしています。一人のお客さんに2時間半くらい時間をかけたこともありますね。自分の体調が悪いと良い施術せじゅつができないので,体調管理には気を付けてお客さんに失礼がないように心がけています。

終わった後,お礼を言われる

終わった後,お礼を言われる

直接ちょくせつお客さんの声が聞けることがこの仕事のやりがいです。施術せじゅつが終わった後,「すっきりした。ありがとう」「気持ち良かった」などお礼を言われるとうれしいです。たくさんの人と出会えることも仕事の魅力みりょくの一つです。施術せじゅつ中はお客さんと色々いろいろな会話をすることができます。わたしが知らないことを教えていただけることは楽しいです。中にはだまっているお客さんもいらっしゃいますが,そうした時はわたしも集中することができます。

お客さん第一

お客さん第一

普通ふつうは「100人の方がいて100人全員に満足していただく」ということはむずかしいのですが,わたしの整体院では来てくださったお客さん全員に満足していただけることを目指しています。お客さんを第一に考えて,体が楽になり,気分良く帰っていただくことを考えています。また,この仕事には正解せいかい限界げんかいがないので,毎日が勉強です。少しでもお客さんに喜んでいただける技術ぎじゅつが身に付くように努力し,何度も来店していただけるように精一杯せいいっぱい頑張がんばっています。

ずっとやりたいと思っていた

ずっとやりたいと思っていた

わたしには,自分で治してあげたいと思う人がいました。また,子どものころから親のかたもみをしていたので,マッサージをすることが好きでした。昔からこの仕事に興味きょうみはありましたが,自分にできるとは思っていませんでした。大人になってからは別の仕事をしていましたが,こしいためてしまい,その時に治してくださった先生の紹介しょうかいで整体を習い始めました。今も月に2回その先生のところに行きお世話になっています。技術ぎじゅつ指導しどうを受けたり,勉強会に参加したりしています。その後整体について勉強しながら,別のお店でリラクゼーションの仕事をしていましたが,2009年の夏に独立どくりつし自分の整体院をオープンしました。他のお店につとめていると,そのお店のやり方やルールを守らなくてはなりませんが,独立どくりつして自分の整体院を持つと,自分なりの仕事の仕方を考えられることが良かったですね。

友達と外で遊ぶ

友達と外で遊ぶ

子どものころは,友達とサッカーをしたり川で遊んだり,外で遊ぶことが多かったです。体を動かすことが好きでしたね。学校から帰って遊ぶことを楽しみにしていました。今でも初対面の人と話すときは緊張きんちょうしますが,子どものころはもっと人見知りをする子でした。小学生のころは弟の面倒めんどうを見ていたので,保父ほふさんになりたいと思っていました。高校生のころには,料理が好きだったので調理師ちょうりしになりたいと思っていました。

自分がやりたいことに挑戦ちょうせんする

自分がやりたいことに挑戦する

みなさんには,自分がやりたいと思ったことは,どんどん挑戦ちょうせんしてしいと思います。考えるだけではなく,無理だと思えても一度はやってみることが大切だと思います。人の足を引っる人も多くいますが,自分が上に行くために人をつまずかせるのではなく,自分が成長するようにして下さい。

ファンすべてを見る

(鹿児島県 小5)
(山梨県 中1)
(東京都 小6)
(長崎県 中2)
(神奈川県 小6)
(北海道 中1)
※ファン登録時の学年を表示しています

私のおすすめ本

安童 夕馬
政治のことがわかりやすく、勉強になる。

もっと知りたいこの仕事人

どんな職場?
取材・原稿作成:西条市商工労政課 加藤、編集:(c)学校ネット株式会社