仕事人

社会にはいろいろな仕事があるよ。気になる仕事や仕事人をたくさん見つけよう!

神奈川県に関連のある仕事人
出身地 神奈川県
つうやく通訳ガイド
根岸ねぎし まさし
子供の頃の夢: 海外へ行って活躍する。外国人を案内する。
クラブ活動(中学校): なし
仕事内容
日本を訪れる観光客を外国語で案内する
自己紹介
物怖ものおじしない。なんでもチャレンジしてみる。すばしっこい。

※このページに書いてある内容は取材日(2014年11月27日)時点のものです

日本をおとずれる外国人観光客を案内

日本を訪れる外国人観光客を案内

通訳つうやく案内士(通訳つうやくガイド)は,日本をおとずれる観光客から報酬ほうしゅうをいただいて,旅行の案内を外国語ですることが仕事です。法律ほうりつで定められた国家資格しかくで,試験に合格ごうかくして都道府県知事の登録を受けないと,仕事をすることができません。現在げんざいは,英語をはじめ10カ国語が決められています。全国の登録者は約18,000人。わたし事務じむ局長をつとめる日本観光通訳つうやく協会には,およそ700名が参加して活動しています。外国から来た旅行者に日本のことを知っていただき,良い印象を持って帰っていただくために,語学力だけではなく,日本の歴史や地理,経済けいざいや産業,文化などについて幅広はばひろ知識ちしきが求められます。

旅行の企画きかく通訳つうやく案内,安全管理の3役

旅行の企画,通訳案内,安全管理の3役

ガイドのもうみは,お客様が旅行会社やホテルなどを通してきますが,最近ではインターネットで直接ちょくせつもうんでくることも多くなりました。お客様の希望を聞いて旅行の日程にっていを組み,鉄道やバスなどを手配し,一緒いっしょに観光地へ行ってご案内します。楽しんでもらうためには,事前の準備じゅんびが大切です。わたしは,歴史の本をたくさん読みましたが,たとえば東京をご案内するときには,現代げんだいの話だけではなく江戸えど時代の人々ひとびとらしなどをお話すると喜んでいただけます。また,気象や交通事情じじょうはもちろんですが,出かける前に火山情報じょうほうなどもチェックし,安全管理にも気を配る必要があります。

日本人には思いもよらない外国人の目線

日本人には思いもよらない外国人の目線

お客様がスマートフォンやタブレットなど携帯けいたい端末たんまつを使うと,簡単かんたんに観光地の案内を調べることができるので,ガイドの話を聞いてくれないということも起こります。スマートフォンやタブレットには無い新しい情報じょうほうやエピソードなどを話さないと,お客様は満足してくれません。たとえば,案内する内容ないようを100用意していたとしても,お客様に関心がないように見えたら途中とちゅうでやめてしまうこともあります。関心があればお客様から質問しつもんしてきますから,用意していた以上の説明が必要になることもあります。相手が何に興味きょうみを持っているかを感じ取って対応たいおうします。アメリカの大ヒット映画えいがのロケ地である,渋谷しぶやの交差点に行って記念撮影さつえいしたいというリクエストにおどろいたこともあります。海外では,思わぬことで有名になっている場所もありますので,外国人がどういう目線で日本を見ているのか,知っておくことも重要になります。

また来るよと言われることがうれしい

また来るよと言われることがうれしい

「ありがとう」と言っていただけることは,もちろんうれしいことですが,お別れするときに,「また来るよ」「友達にもすすめるよ」と言っていただくと本当にうれしいですね。良い印象をもって帰っていただくことは,ガイド個人こじんにとってだけでなく,外国人の旅行者を大幅おおはばやそうとしている日本にとっても重要なことです。まさに魅力みりょくきない日本として,1度だけでなく,2度,3度と日本へ来ていただくためには,通訳つうやくガイドの仕事も大きな役割やくわりを果たしていると思います。

おもてなしの心を大切にする

おもてなしの心を大切にする

ガイドをしていると,苦情くじょうを言われることもあります。富士山ふじさんに行ったのに雨で全然見えなかった,紅葉こうようの時期に日光に行ったら渋滞じゅうたいで予定がすっかりくるってしまった…とか。その日の状況じょうきょうで,いろいろ予定を変えることもあります。時には,はらもどしを求める人もいます。そんなときでも大切なことは,わたしは発信型のコミュニケーションと言っていますが,どうすればお客様に楽しんでもらえるか,相手の気持ちを察して,心と心の橋渡はしわたしをする「おもてなしの心」だと考えています。外国語が得意で知識ちしきがあるだけでは,通訳つうやくガイドに向いているとは言えません。Smile(微笑ほほえみ),Sincerity(誠実せいじつ),Service(奉仕ほうし)の3つのSを大事にしながら,一生懸命いっしょうけんめいにやっているとお客様に伝わり,不満が出ることはほとんどありません。

海外に行くゆめをかなえる

海外に行く夢をかなえる

子どものころに父の本棚ほんだなにあった英会話の本,横浜よこはまで外国人と初めての出会い,中学校の英語の教科書にのっていたアメリカのらしを通して,外国への強いあこがれを持ちました。そして,高校卒業後に旅行代理店に入社。独学どくがくで勉強しながら,社内の語学試験を受けました。思いがかなって海外勤務きんむも11年経験けいけんし,英語にれて会話はできるようになっていきました。通訳つうやく案内士の資格しかくをとったのは,50さいぎてからです。ほかにもTOEICや旅行業務ぎょうむ英検えいけんなど全部で7つの資格しかくをとりました。そうした経験けいけんで,現在げんざいは大学やカルチャーセンターで講師こうしもしています。わたしの場合は,独学どくがくでしたので,英語と日本語の本を読むように心がけました。

英語が大好き

英語が大好き

初めて英語に出会ったのは6さいころで,それ以来,ずっと海外に行きたいと思い続けていました。中学,高校でも英語が好きなのはもちろんですが,地理や歴史も好きで,いろいろと本を読みました。気に入った本は今でもとってあります。高校生のころには鎌倉かまくらや日光などへ1人で行き,外国人観光客に話しかけることもしていました。そこで学んだことは暗記だけにたよるコミュニケーションは役に立たないということです。自分なりに表現ひょうげんして発信,工夫することが必要だと知りました。

基礎きそをしっかり身につけて,目標を立てる

基礎をしっかり身につけて,目標を立てる

今やっている学習をしっかりと身につけることが,通訳つうやくガイドになるためにも役に立ちます。国語や歴史など,基礎きそがしっかりしていないと,そこに自分なりの表現ひょうげんをしようとしても失敗してしまいます。ゆめをもって,目標を立てて努力すれば,結果は必ず着いてきます。「念ずれば花開く」という言葉がありますが,1つのことをしっかりと続けていれば,いろいろなことに対応たいおうできるようになり,チャンスもえてきます。昨年,小学生で通訳つうやく案内士の資格しかくを取った方がいますが,この仕事は元気でいれば高齢こうれいになっても続けることができます。自分の学んだことを発揮はっきできる仕事ですので,ぜひ,チャレンジしてほしいですね。

ファンすべてを見る

(東京都 小6)
(東京都 小6)
(東京都 中1)
(兵庫県 小6)
(大阪府 中2)
(茨城県 中2)
※ファン登録時の学年を表示しています

私のおすすめ本

ジェームス W.ヤング
発想法の本がいろいろ出ていますが、中学、高校くらいになると読めると思う。こうした本を読むと、いま、ばらばらにあるものを自分なりにつないで組み立て、企画をしたり、アイデアを出す基本になる。大学などで論文を書くのにも、仕事についても役にたつと思う。また、発信型のコミュニケーションにもヒントを与えてくれる。
中山正和
この他にも「KJ法―渾沌をして語らしめる(著者:川喜田二郎)」もおすすめ。

もっと知りたいこの仕事人

どんな職場?
取材・原稿作成:株式会社ユニバーサルデザイン総合研究所/東京書籍株式会社/協力:横浜銀行