仕事人

社会にはいろいろな仕事があるよ。気になる仕事や仕事人をたくさん見つけよう!

神奈川県に関連のある仕事人
1992年 生まれ 出身地 神奈川県
千葉ちば しょう
子供の頃の夢: 新幹線の運転士
クラブ活動(中学校): サッカー部
仕事内容
ケガをした選手のおうきゅうしょやリハビリ,体のケアを行う。
自己紹介
けずぎらいで,好きなことにはぼっとうしやすいせいかくです。そのせいで,周りが見えなくなることも多いです。
出身大学・専門学校

※このページに書いてある内容は取材日(2019年06月06日)時点のものです

選手の体をケアする仕事

選手の体をケアする仕事

わたしは,がわけんほんきょを置く「SC相模さがみはら」という,J3にぞくしているプロサッカークラブのアスレティックトレーナーです。選手が試合で最高のパフォーマンスをはっできるように,「あんまマッサージあつ」「はりきゅう」などのかくじゅつを活用して,選手の体のケアやケガのおうきゅうしょ,リハビリのどうを行っています。わたし一人で,チーム全体をたんとうしています。
ふだんの練習や試合を通じて,選手の体にはろうがたまっていきます。そうしたじょうたいで放っておくと体が思うように動かず,ケガのげんいんにもなりかねません。そこで,選手の体のコンディションを整えるため,練習や試合の前後にマッサージを行うのです。ほんてきには,選手自身の希望に沿って行います。特にベテラン選手は入念なマッサージを望むけいこうにあります。
Jリーグの各クラブにはせんぞくのトレーナーがいて,チームの一員として選手をサポートしています。わたしは,もともとせっこついんきんしており,そのせっこついんとSC相模さがみはらけいやくをしていて,チームに出向しています。

試合前日は何時間もマッサージを続ける

試合前日は何時間もマッサージを続ける

チームの練習がある日は,選手が集まる1時間ほど前にグラウンドへとうちゃくするようにしています。マッサージ用のベッドをせっし,テーピング用テープなどをじゅんして,選手を待ちます。やがて選手が一人,また一人とわたしのもとへやって来ます。「上半身につかれがたまっている」「左足にかんがある」「うでを上げるとなかいたい」など,選手のかかえる体のなやみはその日になってみないとわかりません。選手の話を聞き,それにおうじたマッサージやテーピングを行います。選手のねんれいきんにくしつによって,マッサージのしかたも変わってきます。そのためチームのせんぞくトレーナーは,全選手のとくちょうを覚えていなければなりません。
試合でえんせいするときは,試合前日にげんのホテルに宿しゅくはくします。そのさい,1部屋を“マッサージルーム”として,選手が利用できるようにしています。試合の前日は入念なマッサージを希望する選手が多いので,みんなが受けられるよう,きちんとスケジュールを組んでおきます。一人にかける時間は約30分で,だいたい,夕方から23時くらいまでケアを続けます。わたし一人では間に合わないため,えんせいのときは他のトレーナーにも手伝ってもらっています。

選手がプレーできるかはんだんするのも大事なやくわり

選手がプレーできるか判断するのも大事な役割

試合当日は,わたしもベンチに入っています。J3のリーグ戦は年間34試合あり,他にカップ戦などもあります。わたしはそれらの全試合で,必ずチームと動きを共にしています。サッカーの試合中,たんや救急バッグを持って,たおれた選手のもとにベンチからかけつける人を見たことがあると思いますが,それがわたしたちトレーナーです。ねんざやにくばなれ,ぼくなどのケガをした選手におうきゅうしょを行ったり,プレーの続行がのうかどうかをはんだんしてかんとくに伝えたりするのもトレーナーの大切なやくわりなのです。
手当を受けた選手は「だいじょう,できます」とプレーの続行を希望する場合が多いのですが,もしもそのまま試合を続けてケガが悪化したら,こうの試合に出場できなくなるかもしれません。無理にプレーを続けることは,選手自身にとっても,チーム全体にとっても,大きなリスクになります。そこで,じょうきょうを冷静にはんだんできるトレーナーが必要とされます。選手のしょをしていたトレーナーがベンチに向かって,丸印やバツ印のサインでプレーの続行がのうかどうかを伝えるとき,そこにはプロとしてのはんだんはんえいされているのです。

はんだんするプレッシャー

判断するプレッシャー

この仕事にいていちばん大変だったのは,選手の体のじょうたいはんだんしなければならないことでした。ふだんのわたしはチームのスケジュールに合わせて仕事をしていますが,シーズンオフや時間が空いたときはせっこついんきんしています。りょうほうかんじゃさんの体のじょうたいまよったとき,せっこついんではせんぱいや院長に相談することもできますが,クラブにはそうした相談相手がつねにいるわけではありません。選手の体のじょうたいについてちがったはんだんを下すことはゆるされないため,いつもプレッシャーを感じています。
「もう,すっかり体の調子がもどった。試合にも出られるよ」。リハビリ中の選手から,そんなふうに言われることもあります。試合に出たいという選手の気持ちはとてもよくわかりますが,トレーナーとしてきょうすることはできません。以前,りょう中だった選手が「もう治ったから」とふっした試合で,前と同じ部位をケガしてしまったことがあります。そのときは,「本人が言うのだからふっできるのだろう」というわたしはんだんがまずかったのではと,とてもこうかいしました。いまのわたしは,選手のじょうたいきわめ,ときには選手の「出場したい」というに反してでも,しんちょうはんだんを下すことが,トレーナーにとってもっとも大切なことだと思っています。

トレーナーにとって勝敗よりも大切なこと

トレーナーにとって勝敗よりも大切なこと

先日,ケガからふっした3人の選手がそれぞれゴールを決めるという試合がありました。こういうときはうれしいですね。ケガでつらい思いをしている選手が,わたしの作ったリハビリメニューをもくもくとこなし,ピッチにもどってかつやくする姿すがたを見ると,これからも一人でも多くの選手を手助けしていきたいとあらためて思います。
わたしもチームの一員ですから,リーグゆうしょうは大きな目標です。体をケアすることだけでなく,ちょっとした声かけでも選手のパフォーマンスは向上します。肉体とせいしん,両方の面から選手たちをサポートして,ゆうしょうこうけんしたいと考えています。そして,トレーナーとしては,チームの勝敗ももちろん大事ですが,試合を終えた選手が無事にもどってきてくれることが,いちばんの喜びですね。

体のささいな変化を感じとる

体のささいな変化を感じとる

チームではプロサッカー選手をケアする一方で,せっこついんでは小さな子どもからおとしりまで,はばひろかんじゃさんのりょうを行っています。いずれも人にせっする仕事なので,こころがまえは同じです。トレーナーとして,どんな人にもしんけんに向き合うことを心がけています。どなたもみんな,体の具合にこまってわたしたよってきてくれるのです。いいかげんなたいせっすることはできないし,手をくこともぜったいにしません。
けれど自分の中でベストをつくしても,かならずしも満足してもらえるわけではありません。だからこそ,選手やかんじゃさんが求めていることを,どれくらい感じとれるかがとても大切なのです。まずは,相手の話にしっかりと耳をかたむけること。だれもが上手に,体のじょうたいや思いを言葉にして伝えてくれるわけではないので,こちらからも積極的に声をかけるようにしています。目と耳,指先,言葉を使ったコミュニケーションで,体のささいな変化や変調を見つけ,さらにかんじゃさんにしつもんをして言葉を引き出し,体のじょうたいあくするのです。そうすることが,よりよいりょうにつながります。

ケガをきっかけにトレーナーを目指した

ケガをきっかけにトレーナーを目指した

小学生のころからサッカーが大好きで,中学,高校ではサッカー部にしょぞくしていました。
高校2年生のとき,ひだりひざに大ケガを負ってしまい,まつづえでの生活になりました。いたくて地面に足をつくことすらできません。病院に通っても,しょうじょうはあまりかいぜんしませんでした。そんなとき,高校の先生から,あるせっこついんしょうかいしてもらい,そこで教わったリハビリをかえすうちに,ひざじょうたいがよくなったのです。やがて,無事にグラウンドへもどることもできました。
そのせっこついんで,初めてアスレティックトレーナーというしょくぎょうを知りました。高校3年で進路をせんたくするとき,自分もこのしょくぎょうを目指してみようと,せんもん学校に進むことをけつだんしました。自分自身がサッカーをしていたこと,ケガからリハビリでかいふくしたことは,いまの仕事をするうえで,とても役立っています。自分の体験を選手に話すこともたびたびあります。どんなけいけんにならないものです。

しっかり勉強して自分ののうせいを広げよう

しっかり勉強して自分の可能性を広げよう

自分の決めた道や好きなことは,とことんきつめてほしいです。それが遊びやしゅでもかまいません。何かこれと決めたことがあったら,時間をわすれてぼっとうしてみましょう。もしかしたらそのけいけんしょうらいの仕事につながるかもしれません。
また,学校の勉強はしっかりやってください。わたし自身,中学校ではあまり勉強をしませんでした。そのせいで第一ぼうの高校にごうかくすることができず,落ちこんだものです。行きたい高校や大学,そこで学びたいことややってみたいことがあるなら,まずはしっかり勉強してごうかくすることです。そうしないと,しょうらいのうせいをせばめてしまいます。
わたしの場合は幸運にも,高校でのケガをきっかけに,やりたい仕事を見つけることができました。そして,トレーナーになるという目標が決まってからは,しんけんに勉強にみました。おかげで今の仕事をするための国家試験にも無事にごうかくして,ゆめをかなえることができました。みなさんもしっかり勉強して,自分自身ののうせいを広げてください。

私のおすすめ本

菅原 圭
仕事がうまくいっている人や輝いて見える人ほど,あいさつや整理整頓など,一つ一つのシンプルな習慣を大切にしている,ということを,この本から学びました。これから社会に出ていく人は,読んでおくと役立つ内容ばかりだと思います。

もっと知りたいこの仕事人

クラブ
取材・原稿作成:尾関 友詩(ユークラフト)・東京書籍株式会社/協力:横浜銀行