漁師(りょうし)

漁師
漁師りょうしは海や川で魚介類ぎょかいるいをとる仕事です。漁師りょうしの仕事の種類は幅広はばひろく、漁業をおこなうエリア(漁場)によってだけでも、沿岸えんがん漁業、沖合おきあい漁業、遠洋漁業というそれぞれちがうタイプの業種があり、そこにさらに魚介類ぎょかいるいのとり方(漁業種類)、とる魚介類ぎょかいるいの種類によって、仕事の内容ないようが大きく変わってきます。また、ただ魚介類ぎょかいるいをとるだけではなく、育ててからとる養殖業ようしょくぎょうねた漁業に従事じゅうじする漁師りょうしもいます。魚介類ぎょかいるいをとる技術ぎじゅつだけでなく、水あげした魚の選別、船や漁具の手入れなど、陸上での仕事もこなさなくてはなりません。独立どくりつした漁師りょうしの場合、水あげした魚の代金から経費けいひを引いたものが給料となります。
キャリアマップ

「漁師」の仕事内容と共通点がある職業

「漁師」の他の呼び方:漁業、川漁師

仕事人インタビュー

萬 豊
漁船に乗って磯にすむアワビやウニなどをとる磯漁,ホタテガイとワカメの養殖業,小型定置網漁などの漁業。
吉田 真一
漁船で沖に出て,魚を釣る。
天野 勝則
川でアユをとる漁と,アユの加工をする。
渕辺 とし
海に潜って貝をとったり,磯で海藻をとったりする。