土地家屋調査士(とちかおくちょうさし)

土地家屋調査士
土地家屋調査士ちょうさしは、登記に必要な土地や家屋の調査ちょうさ測量そくりょうなどをおこないます。所有している土地を分けたり、家屋を新築しんちくする場合などは、不動産の表題登記をすることが法律ほうりつ義務ぎむづけられていますが、そのときに調査ちょうさから登記までの一連の仕事を請け負うけおうのが土地家屋調査士ちょうさしです。不動産の表題登記は土地家屋調査士ちょうさしにのみゆるされているからです。土地の境界線きょうかいせんをめぐって紛争ふんそうが起きた場合などは、土地家屋調査士ちょうさしでなければ問題を解決かいけつすることができません。高度な測量そくりょう技術ぎじゅつ専門せんもん的な登記に関する知識ちしきが必要とされる仕事です。
キャリアマップ

「土地家屋調査士」の仕事内容と共通点がある職業

仕事人インタビュー

佐伯 聖
土地に関する手続きを手伝う