• 北海道に関連のある仕事人
  • 1971年 生まれ

    出身地 北海道

地図デザイナー

つつみ あきら

  • 子供の頃の夢

    漫画家 昆虫学者、画家

  • クラブ活動(中学校)

    剣道部

  • 仕事内容

    用途に合わせた直感的で分かりやすい地図づくり

  • 自己紹介

    携帯電話けいたいでんわ不必要ふひつようあたまかたふる人間にんげんきたる人こばまず,去る人追ひとおわず。理想像りそうぞう宮沢賢治みやざわけんじ「雨ニモマケズ」。

  • 出身高校

    北海道旭川南高等学校

  • 出身大学・専門学校

    北海道東海大学 芸術工学部 デザイン科  

  • 【このページに書いてある内容は取材日(2016年04月26日)時点のものです】

堤 啓


仕事人記事

使つかう人の目線めせんつくりこむ地図ちずデザイン

<ruby><rb>使</rb><rp>(</rp><rt>つか</rt><rp>)</rp></ruby>う人の<ruby><rb>目線</rb><rp>(</rp><rt>めせん</rt><rp>)</rp></ruby>で<ruby><rb>作</rb><rp>(</rp><rt>つく</rt><rp>)</rp></ruby>りこむ<ruby><rb>地図</rb><rp>(</rp><rt>ちず</rt><rp>)</rp></ruby>デザイン

わたしは,おもに官公庁かんこうちょうから依頼いらいされた地図ちず事業じぎょう説明せつめいするパンフレット,自社じしゃ販売はんばいするポスターやグッズなどをつくっています。地図ちずは,たくさんの人が使つかいますから,色合いろあいであるとかせんふとさであるとか,さまざまな配慮はいりょ必要ひつようになります。そこで,どんな人にもかりやすくつたえるために地図ちずをデザインするのがわたし仕事しごとです。たとえば観光かんこうパンフレットに使つか地図ちず名所めいしょかりやすくしめすために,目印めじるしとなる地名ちめい建物以外たてものいがい情報じょうほう省略しょうりゃくしたり,上空からななめに見下ろして高低差こうていさが一目でかる鳥瞰図ちょうかんずという地図ちずつくったりします。おな作業さぎょうをしている人は社内しゃないで8名ほどです。

直感的ちょっかんてきかりやすい地図ちずづくり

<ruby><rb>直感的</rb><rp>(</rp><rt>ちょっかんてき</rt><rp>)</rp></ruby>で<ruby><rb>分</rb><rp>(</rp><rt>わ</rt><rp>)</rp></ruby>かりやすい<ruby><rb>地図</rb><rp>(</rp><rt>ちず</rt><rp>)</rp></ruby>づくり

わたしは,課長かちょうという立場たちばですから,チーム全体ぜんたい仕事しごとながれを見渡みわたし,とどこおりなく仕事しごとすすんでいるかを確認かくにんしています。地図ちずのデザインは各自かくじ責任せきにんって仕事しごとをしていますので,担当者たんとうしゃ力量りきりょうやセンスも重要じゅうようです。地図ちず規模きぼにもよりますが,何人なんにんかで作業さぎょうするもこともあり,メインのデザイナーをめ,お客様きゃくさまからの要望ようぼうきながら地図ちずの見せほう検討けんとうして制作せいさくします。地図ちずでは縮尺しゅくしゃくという概念がいねん重要じゅうようなのですが,地図ちずをデザインするという仕事しごとでは,地図ちず正確せいかくさよりも,いかに見た人が直感的ちょっかんてき距離感きょりかん地形ちけい雰囲気ふんいき把握はあくできるかということが重要じゅうようです。できるかぎ感覚的かんかくてきかりやすい地図ちずつくるようにしています。もちろん,私自身わたしじしん地図ちずづくりを担当たんとうしています。仕事量しごとりょうですが,年間ねんかんでは12月から3月あたりが一番忙いちばんいそがしく,昼間ひるまはチーム全体ぜんたい仕事しごとをして,よる9から自分じぶん担当たんとうする地図ちず作業さぎょうはじめるということもありますね。

地図ちずづくりにはわりがない

<ruby><rb>地図</rb><rp>(</rp><rt>ちず</rt><rp>)</rp></ruby>づくりには<ruby><rb>終</rb><rp>(</rp><rt>お</rt><rp>)</rp></ruby>わりがない

地図ちずをデザインするという作業さぎょう無数むすうちか工程こうていがあります。たとえば道路どうろ河川かせんふとさの調整ちょうせいいろづかい,地名ちめいなどの文字のかたち種類しゅるいや大きさの調整ちょうせいなどかぞえ上げればきりがありません。さらに地図ちずだけではなく,地図ちずかこ外側そとがわのレイアウトデザインの調整ちょうせいや,観光かんこうマップであれば観光地かんこうち写真しゃしんを入れたりすることもおこないます。ときにはカメラをって撮影さつえい調査ちょうさくこともありますよ。そのため,一つの地図ちずつくりこもうとおもえば,とことんまでつくりこんで,さらにつくつづけることができます。しかし,つぎ地図ちずをつくるスケジュールもありますから,わらせないといけませんよね。おきゃくさんに制作せいさくした地図ちずおさめる期限きげんがありますから,印刷いんさつするスケジュールもかんがえて仕事しごとすすめるようにしています。つくりこみのバランスというのは経験けいけんんではじめてかることなのです。

あれが「おとうさんの地図ちず!」と子どもがよろこ

あれが「お<ruby><rb>父</rb><rp>(</rp><rt>とう</rt><rp>)</rp></ruby>さんの<ruby><rb>地図</rb><rp>(</rp><rt>ちず</rt><rp>)</rp></ruby>!」と子どもが<ruby><rb>喜</rb><rp>(</rp><rt>よろこ</rt><rp>)</rp></ruby>ぶ

子どもと一緒いっしょにいるときに,自分じぶんつくった地図ちず街中まちじゅう掲示けいじされているのを発見はっけんすると,「おとうさんの地図ちず!」とよろこんでくれます。また,地図ちずを手にしたおきゃくさんから内容ないようについて評価ひょうかされるとうれしいです。
地図作ちずつくりは非常ひじょう手間てまのかかる作業さぎょうで,つくはじめはどうすれば完成かんせいするのか途方とほうにくれることがあります。しかし,手を入れはじめるとだんだんかたちになっていき,全体ぜんたいかたちが見えはじめ,自分じぶんの中でおもえがいた表現ひょうげんになったとき,あきらめずに作業さぎょうつづけてかったとおもいます。
とく鳥瞰図ちょうかんずは,上空からななめに見下ろした地図ちずですから,とおくまで見えるわけです。平面へいめん地図ちずでは,真上まうえから見下ろしていますから,えが範囲はんいまっていますよね。一方いっぽう鳥瞰図ちょうかんずはややもすれば,日本の半分はんぶんほど見えてしまうことになります。東京とうきょう鳥瞰図ちょうかんずつくるとなれば,手前てまえ東京とうきょう道路網どうろもうえがき,その先に東北とうほく北海道ほっかいどうまで見えて,どこまで編集へんしゅうすればいのか気のとおくなる作業さぎょうになります。それをバランスく,おもえがいたように表現ひょうげんして作成さくせいすることは,地図ちずデザインの醍醐味だいごみですね。

地図ちずデザインは,れるような表現ひょうげん

<ruby><rb>地図</rb><rp>(</rp><rt>ちず</rt><rp>)</rp></ruby>デザインは,<ruby><rb>切</rb><rp>(</rp><rt>き</rt><rp>)</rp></ruby>れるような<ruby><rb>表現</rb><rp>(</rp><rt>ひょうげん</rt><rp>)</rp></ruby>

むずかしい表現ひょうげんかもしれませんが,「さわるとれるような表現ひょうげん」というのを目標もくひょうとしています。これは相手あいてきずつけるという意味いみではなく,一切いっさい妥協だきょうはいしたつけ入るすきのない表現ひょうげんという意味いみで,文字の大きさ,間隔かんかくせんふとさ,いろづかい,レイアウト,すべてがバランスよくととのっていて,もう調整ちょうせいする必要ひつようのない表現ひょうげんです。情報量じょうほうりょうおおく,無数むすうにデザインする部分ぶぶんおお地図ちずにおいてはほとんど不可能ふかのうなことなのですが,だからこそバランスが重要じゅうようになり,基本きほん大切たいせつになります。基本きほんがしっかりできていれば,やわらかいデザイン,たのしいデザインも自由じゆうつくれるとおもいます。
デザインはかたちから入るとおもわれがちですが,基本きほんかっていないと表現ひょうげんはばくなります。
実際じっさいのところ,わたしは「さわるとれるような表現ひょうげん」をまだまだ実現じつげんできない部分ぶぶんもあるのですが,つね心掛こころがけてデザインをしています。

デザインをすることの先に地図ちずもある

デザインをすることの先に<ruby><rb>地図</rb><rp>(</rp><rt>ちず</rt><rp>)</rp></ruby>もある

とく地図ちずのデザイナーを目指めざしていたわけではありません。たまたまえがくのがきで,ちかくの学校の試験しけんえが試験しけんで,たまたまかって,いま会社かいしゃけてみないかとわれてかり,そしてたまたまずっとえがいているかんじです。地図ちず制作せいさくしているとはおもっていません。たまたま地図ちずつくることがおおいだけだとおもっています。つとめているのは地図ちず会社かいしゃですから,わたしのような人はほかにいないとおもいます。しかし,わたし場合ばあいは,えがいたりなにかをデザインしたりするのがきでしたから,その延長えんちょう地図ちずかんがえています。デザインすることでしたら,車でもオリンピックのマークもそして地図ちずであっても根本こんぽんおなじだとかんがえています。

子どものころから大好だいすきだった世界せかい

子どものころから<ruby><rb>大好</rb><rp>(</rp><rt>だいす</rt><rp>)</rp></ruby>きだった<ruby><rb>絵</rb><rp>(</rp><rt>え</rt><rp>)</rp></ruby>の<ruby><rb>世界</rb><rp>(</rp><rt>せかい</rt><rp>)</rp></ruby>

小学生のころは昆虫こんちゅうなどの生きものきでつね野山のやまにいました。そのため,いえの中は虫の入っている水槽すいそうだらけでした。中学から高校こうこうにかけては剣道部けんどうぶに入り,道場どうじょうにもかよっていました。一方いっぽうで,わたし帰宅きたくするとひたすらマンガばかりえがいていました。人並ひとなみにじゅくにもかよっていましたが,プリントやノートの裏にマンガをえがいていたことしか記憶きおくにありません。
それだけえがいているとまわりの人に得意とくいだということがわたってしまうのです。友人ゆうじんからはゲームのキャラクターをえがいてくれとか,クラスの女子からはアイドルの似顔絵にがおえをせがまれたり,授業じゅぎょうで先生に挿絵さしえたのまれたり。そんなときにわすれもしない出来事できごとがありました。高校三年こうこうさんねん高体連剣道こうたいれんけんどう大会たいかいわり,さあ部活ぶかつ引退いんたいだとおもっていた矢先やさき美術部びじゅつぶの先生から高文連こうぶんれん美術展びじゅつてん作品さくひんを出しなさいとわれ,そのまま美術部びじゅつぶデビューしたのです。高文連こうぶんれん出展しゅってんしたことは大学の入試時にゅうしじにも有利ゆうりだったのではないかとおもっています。その先生とはいまでもおつきいさせていただいています。こうして人との縁もでつながっていくのです。不思議ふしぎなものですね。

物事ものごとつづけることで,視野しやひろがる

<ruby><rb>物事</rb><rp>(</rp><rt>ものごと</rt><rp>)</rp></ruby>は<ruby><rb>続</rb><rp>(</rp><rt>つづ</rt><rp>)</rp></ruby>けることで,<ruby><rb>視野</rb><rp>(</rp><rt>しや</rt><rp>)</rp></ruby>も<ruby><rb>広</rb><rp>(</rp><rt>ひろ</rt><rp>)</rp></ruby>がる

わたしは,勉強べんきょうかんしてはアドバイスできるほどではありませんが,おやうことはいやでもいてください。なぜなら,おやみなさん以上いじょうに人生の経験けいけんがあり,いま必要ひつようないことかもしれないけど,将来役しょうらいやくに立つことをって助言じょげんしているのだから。そして,それ以上いじょうきなことがあればおやかくれてでもつづけたらいとおもいます。なによりもつづけることは,とても重要じゅうようです。つづけていけば,自分じぶんでできることが次々つぎつぎえていきます。すこしずつでもあせらずにつづけてください。ただし,一つだけを見ないで。でも音楽おんがくでもなんでもいけど,きなアニメやアイドルソングだけではなく,ピカソにゴッホに岡本太郎おかもとたろうとか,童謡どうようにビートルズとか,興味きょうみはばをどんどんひろげてください。いろんな世界せかいがあることがかれば,自分じぶん可能性かのうせいひろがっていきますよ。

  • 取材・原稿作成:取材・原稿作成:東京書籍株式会社

私のおすすめ本

  • ブラックジャック

    手塚治虫

    天才外科医ブラックジャックの目を通し,生きとし生けるものの尊厳や生死について問題定義する手塚治虫の代表作。