航海士(こうかいし)

航海士は船が安全な運行ができるよう、船の操縦そうじゅう指揮しきをおこないます。一等航海士から三等航海士までクラスが分かれ、等級によってそれぞれ仕事内容ないようことなります。一等航海士は甲板かんぱん上でのリーダーとして、現場げんば指揮しきをおこないます。また船体の整備せいび実施じっしをするのも一等航海士の仕事です。二等航海士は航海計画を立案し、その計画はスムーズに進行するよう海図や航海機器の整備せいびと管理をおこないます。三等航海士は航海中の当直と防火ぼうか責任者せきにんしゃとなります。航海日誌にっしをつけるのも三等航海士の仕事です。航海士はこうした作業を船長の指揮しきのもと、機関士と協力しつつおこないます。

航海士

「航海士」の他の呼び方:乗船員、海技士

あしたね仕事人インタビュー(「航海士の仕事」に関する職業インタビュー)