金属加工(きんぞくかこう)

金属加工
金属(きんぞく)製品(せいひん)や部品を作る上で欠かすことのできないのが金属(きんぞく)加工です。一口に金属(きんぞく)加工といっても内容(ないよう)は広く,切断(せつだん),プレス,旋盤(せんばん),板金溶接(ようせつ)など,さまざまな専門(せんもん)技術(ぎじゅつ)があり,それぞれがその専門(せんもん)技術(ぎじゅつ)をもって専門(せんもん)的な仕事として働いています。町工場の場合,工程(こうてい)全てを一貫(いっかん)しているところは少なく,どれかを専門(せんもん)でやっているところがほとんどです。旋盤(せんばん)のような「工作機械」を用いて加工を行いますが,現在(げんざい)ではマシニングセンタ等,コンピュータに指令を入れると自動的に加工が行われる機械が主流になっています。

「金属加工」の仕事内容と共通点がある職業

仕事人インタビュー

登 利幸
スチールサッシを作って,現場で取り付ける。
小林 弘幸
加工してみがいた銅製品をお客さまに納める。
北澤 義昭
プラスチックやアルミを削って形にする。