刃物職人(はものしょくにん)

ものには,包丁やかま,なた,はさみなど,さまざまなものがありますが,これらをつくるのがものしょくにんの仕事です。ものをつくるさいは,きんぞくかまに入れてき入れし,十分に赤く熱したころに金づちなどでたたいて形をととのえ,水に入れてきもどしを行います。これをかえし,形が整ったらいで,包丁やハサミといったせいひんができあがります。名の知れたしょくにんが作ったものには,高いだんがつくものもあります。ものの生産地としては,国内ではけんせきおおさかさかいなど,海外ではドイツのゾーリンゲンなどが有名です。
ものしょくにんになるには,ものこうぼう入りして親方のもとでどうを受け,じゅつを身につけていきます。一人前のしょくにんになるには10年はかかると言われますが、しょくにんとして一本立ちしても,ものづくりにゴールはありません。つねしょうじんし続ける熱意が求められます。

刃物職人

「刃物職人」の仕事内容と共通点がある職業

金型職人金属加工

あしたね仕事人インタビュー(「刃物職人の仕事」に関する職業インタビュー)