仕事人

社会にはいろいろな仕事があるよ。気になる仕事や仕事人をたくさん見つけよう!

愛媛県に関連のある仕事人
出身地 愛媛県
りょこうだいりてん旅行代理店
kanaかな
子供の頃の夢: パン職人
クラブ活動(中学校): テニス部
仕事内容
旅行商品を販売する
自己紹介
性格せいかくは負けずぎらい。休日は買い物やカフェめぐり、旅行など外出することが好きです。

※このページに書いてある内容は取材日(2013年06月07日)時点のものです

形のないものを売り,笑顔をとどける仕事

形のないものを売り,笑顔を届ける仕事

わたしは,旅行代理店の営業えいぎょう所で,お客様の旅行に関する希望をおうかがいし,旅行内容ないよう提案ていあん,ホテルや電車・飛行機のチケットを手配する仕事をしています。基本きほん的に,お客様がお店に来られてから,チケットをおわたしするまでを1人で担当たんとうしています。お店では国内旅行と海外旅行の両方を取りあつかっています。また,お一人・ご家族でする旅行だけでなく,学校の先生方に対して修学しゅうがく旅行を販売はんばいすることもあります。この仕事は,旅行という形のないものを売ることで,お客様に笑顔をとどけることができると感じています。

社内メールから1日が始まります

社内メールから1日が始まります

営業えいぎょう所に出勤しゅっきんして,一番初めにすることは社内メールの確認かくにんです。社内で全員とやり取りが出来るので,「このお客様が来るのでチケットをわたしてください」といった,仕事の引きぎなど大切なことの確認かくにんを行います。その後,電話やお店に来たお客様の対応たいおうをします。お客様の中には,旅行に行きたいが行き先が具体的に決まっていないお客様もいるので,一から旅行を組み立てることもあります。そのためにお客様の希望を聞き出すのが大事です。それからおすすめのホテルや場所を伝えて,旅行内容ないようを決めていきます。おすすめのホテルや場所は,お客様の感想を参考にしたり,会社の研修けんしゅうで自分が実際じっさいに行ってみて良かった場所を参考にしたりしています。お客様がお店に来ていない時には,お客様が予約したチケットの手配をします。チケットの手配は簡単かんたんなものではありません。また,おすすめのパンフレットや観光地の案内の広告も作成します。お客様にとって見やすく,行ってみたくなるような広告になるよう工夫しています。

とにかく確認かくにんが大変!

とにかく確認が大変!

仕事で大変なことは,旅行先に関して色々いろいろ知識ちしきが必要になることです。お店であつかっている旅行先に,全て自分で行ったことがあるわけではありませんので,行き先までどれくらい時間がかかるか,乗りぎは必要か,ビザが必要かなど,毎日勉強しています。また,旅行内容ないように関してとにかく確認かくにんするということにも気を使っています。例えば,お客様のパスポートの名前を一文字でも間違まちがえて予約を取ってしまうと,チケットが全てキャンセルになってしまいます。また,名前や日にちだけでなく,ホテルであれば朝食や夕食は付いているのかということの確認かくにんもしないといけません。こういう確認かくにん作業はコンピューターまかせではできないので,お客様の思い出に残る楽しい旅行になるよう,自分の目で見てしっかりと確認かくにんしています。

お客様の「ありがとう」がうれしい!

お客様の「ありがとう」が嬉しい!

自分が担当たんとうしたお客様が旅行から帰ってこられてから,「ありがとう」と言われると,とてもうれしいですね。お客様が旅行から帰ってきた時に,営業えいぎょう所にわざわざお土産を持ってきてくださったり,写真を見せてくださったり,お話を聞かせてくださったりすることがあります。お客様と打ちけることによって信頼しんらいが生まれ,そのお客様から次の新しいお客様につながることがあるので,信頼しんらいされるということは大事です。旅行には「形」がなく,「思い出」だけが残るので,わすれられない思い出を作っていただくことができ,そして「ありがとう」と言っていただけることがとてもうれしいです。

笑顔で楽しく友達のような感覚で

笑顔で楽しく友達のような感覚で

仕事をする上で大切にしていることは,いつも笑顔でお客様とせっすることです。お客様に楽しい旅行をしていただきたいので,旅行の希望を引き出すために笑顔で接客せっきゃくすることが大切です。ギクシャクしながら話しても,お客様はなかなか心を開いてくださらないので,友達のような感覚で楽しく話をするようにしています。「旅行でどちらに行かれるのですか?」や「今日は暑いですね。」など,お客様に積極的に話しかけて打ちけていきます。よりお客様の希望に近い旅行になるようにこのような工夫も大切にしているんですよ。

大学生の時にしていたボランティアがきっかけ

大学生の時にしていたボランティアがきっかけ

この仕事にいたきっかけは,大学生の時に4年間していたボランティアでした。福祉ふくし施設しせつで,体の不自由な方を旅行にお連れするボランティアです。旅行はだれでもでき,みなが楽しみにしていることで,いやしの時間だと思います。そういった,形のないものを売ることでみなさんが笑顔になるような仕事にきたかったため,今の仕事を選びました。また,商品に形がなく,自分が一からプランを組み立てるのでやりがいがあります。そして,お客様に信頼しんらいもされ,自分の人間力や向上心を高められる仕事です。この仕事に必要な資格しかくは,会社に入ってから取得するので,特に事前に取得する必要はありません。接客せっきゃくの好きな人や,細かい作業が好きな人に向いているかもしれません。

運動するのが大好き!パンも大好き!(笑)

運動するのが大好き!パンも大好き!(笑)

子どものころはおとなしい性格せいかくで,人前で話すのが苦手でした。特に初めて会った人はまともに目も見ることができず,全く話す事ができませんでした。でも友達が一緒いっしょにいると楽しく話せたり遊んだりできていて,友達に対してはありのままの自分を出せていましたね。駅伝や陸上,ミニバスケットもしていて活発なところもありました。運動するのが好きで,休みの日にはよく近所の公園や家の前で友達と遊んでいました。子どものころ将来しょうらいゆめはパン屋さんでした。小さい時からパンが大好きで毎日のように食べていましたね。親にも「食べすぎ!」とあきれられるくらいパンはたくさん食べていました。

やりたいことにはどんどんチャレンジ!

やりたいことにはどんどんチャレンジ!

みなさんには時間がたくさんあると思うので,今しかできないこと,自分が今やりたいことにどんどんチャレンジしていってほしいです。私自身わたしじしん,自分がやりたいことをしてみて上手くいかなかったこともありましたが,自分がしたいことをしたので全く後悔こうかいはありませんでした。やって上手くいかなかった時の後悔こうかいよりも,やらない時の後悔こうかいの方が大きいと思います。何かこまったときは,きっと家族や友達,先生,周りの人が助けてくれると思いますよ。また大人になると自分一人ではなく,たくさんの人と関わっていきます。相手の気持ちを考えることができないと,打ちけることもできません。ですから,人の気持ちを考えることができる人になってほしいです。

ファンすべてを見る

(新潟県 中1)
(千葉県 小6)
(東京都 小6)
(滋賀県 小6)
(長崎県 小4)
(東京都 中1)
※ファン登録時の学年を表示しています

私のおすすめ本

福島 文二郎
とにかくディズニーが好きなのでディズニーのホスピタリティが知りたくて読みました。
地図はもちろん世界各国の資源や政治、スポーツや文化についても詳しく載っているので勉強になります。 

もっと知りたいこの仕事人

取材・原稿作成:西条高校商業科3年生、編集:(c)学校ネット株式会社