• 愛媛県に関連のある仕事人
  • 1986年 生まれ

    出身地 愛媛県

ちいきぶんかぷろでゅーさー地域文化プロデューサー

徳永とくなが 有加ゆか

  • 子供の頃の夢

    世界一周旅行・自治会長・青年団長

  • クラブ活動(中学校)

    ソフトボール部

  • 仕事内容

    地域ちいき文化ぶんか発信はっしんをプロデュースする

  • 自己紹介

    地元じもと大好だいすき。日々ひび沢山たくさん人々ひとびと仕事しごとなので,たまにうみや空や山をながめたり,おてら神社じんじゃ温泉おんせんって,ぼんやりすることがき。

  • 【このページに書いてある内容は取材日(2016年02月26日)時点のものです】

徳永 有加


仕事人記事

西条さいじょう市を中心ちゅうしんに,東予地域とうよちいき瀬戸内せとうち文化ぶんか発信はっしんをプロデュースする

<ruby><rb>西条</rb><rp>(</rp><rt>さいじょう</rt><rp>)</rp></ruby>市を<ruby><rb>中心</rb><rp>(</rp><rt>ちゅうしん</rt><rp>)</rp></ruby>に,<ruby><rb>東予地域</rb><rp>(</rp><rt>とうよちいき</rt><rp>)</rp></ruby>と<ruby><rb>瀬戸内</rb><rp>(</rp><rt>せとうち</rt><rp>)</rp></ruby>の<ruby><rb>文化</rb><rp>(</rp><rt>ぶんか</rt><rp>)</rp></ruby><ruby><rb>発信</rb><rp>(</rp><rt>はっしん</rt><rp>)</rp></ruby>をプロデュースする

わたしは,いきざしたしょうてんがいぎょう,おみせいんぎょうせいなどぎょうけいかくやイベントかくはんばいそくしんこうこく,PRかつどうをプロデュースするごとをしています。プロデューサーとくとむずかしそうですが,かんたんにいうと,いきのさまざまな人といっしょに一つのゴールにかってものごとをまとめてすすめていくやくわりです。
そのため,ごとないようにわたりますが,いっかんして「いきぜんたいにとってらいかうようプロデュースする」という方向ですすめています。たとえば,がいおんがくイベントち上げや,アートスタジオ(ものづくりきょうしつ)オープン,しょうてんがいかっせいぎょうさんぎょうさんかつようぎょうなどで,かくを立ててみづくりをし,はっしんするためのせんりゃくかんがえ,さんにあわせてさまざまほうほうじっこうします。
そのほか,2020ねんとうきょうオリンピック・パラリンピックにけて,うちけんひめがわとくしま・山口・ひろしまおかやまひょう)をブランドしてかいはっしんするプロジェクト「うちブランドプロジェクト」のため,いきぶんげん調ちょうをしたり,まちあるきをしたり,いろんなかたからおはなしいたり,いろんなかいでおはなしをしたりするごとをしています。

本当ほんとう気持きもちに気づくこと,なやみを体験たいけんすること

<ruby><rb>本当</rb><rp>(</rp><rt>ほんとう</rt><rp>)</rp></ruby>の<ruby><rb>気持</rb><rp>(</rp><rt>きも</rt><rp>)</rp></ruby>ちに気づくこと,<ruby><rb>悩</rb><rp>(</rp><rt>なや</rt><rp>)</rp></ruby>みを<ruby><rb>体験</rb><rp>(</rp><rt>たいけん</rt><rp>)</rp></ruby>すること

わたしごとは,「いきぜんたいにとってらいかうようプロデュースする」ごとなので,ぎょうぜんたいすゴールにかって,おきゃくさまごとらいしてくださったかた)はもちろん,デザイナーさんやカメラマンさん,WEBディレクターさん,おんきょうさん,しょうめいさん,かんばんさん,さらに,いんさつがいしゃこうこくだいてんといった,いきないがいのたくさんのかたがたきょうりょくしてごとをおこないます。
あんけんによって,チームもわります。たくさんのかたの「とく」をきわめて,このごとはこのかたにおねがいしようとかんがえながらごとすすめていくことになります。ごといちばんたいせつなことは,かかわるかたがたほんとうちをき,一つのもくひょうかうようにすることです。そのためには,なやみをぶんたいけんすることがたいせつになります。
このようにプロデューサーというごとみちぎょうかさねになりますが,「とくながさんがいてくれてたすかった」や「ほんとうにいいモノができた」「まいにちたのしくなった」とっていただけたときは,がんってあきらめずにこのごとをやってよかったなぁ,とよろこびをかんじます。

すこし大変たいへんなことは,かたちがない仕事しごとだということ

すこし<ruby><rb>大変</rb><rp>(</rp><rt>たいへん</rt><rp>)</rp></ruby>なことは,<ruby><rb>形</rb><rp>(</rp><rt>かたち</rt><rp>)</rp></ruby>がない<ruby><rb>仕事</rb><rp>(</rp><rt>しごと</rt><rp>)</rp></ruby>だということ

おおくの人のおもいをき,一つのものにげていくことはやりがいもありますが,プロデューサーというごともくひょうたっせいするために,かんけいするかたがたやくわりごと調ちょうせいするごとなので,かたちのないごとおもわれることもあります。ものづくりのごとのように「ざいりょうはいくら」というめいかくじゅんいとおもわれがちで,ものづくりがさかんなもとでは,かたちのないもののをどのようにかんがつたえていくか,というところはむずかしくかんじるときもあります。

みんながつどえるをつくることが

みんなが<ruby><rb>集</rb><rp>(</rp><rt>つど</rt><rp>)</rp></ruby>える<ruby><rb>場</rb><rp>(</rp><rt>ば</rt><rp>)</rp></ruby>をつくることが<ruby><rb>好</rb><rp>(</rp><rt>す</rt><rp>)</rp></ruby>き

わたしは,幼いころから,西さいじょう市でいきやくに立つごとをすることがもくひょうでした。どものころからいきぎょうやおまつりなどのでんとうぎょうだいきで,かいちょうせいねんだんちょうになりたいとおもっていました。中学生やこうこうせいのころは,もとで小さなおんがくイベントのかくをしていて,西さいじょう市やいきかかわるごとがしたいというおもいが大きくなっていきました。
そのゆめじつげんするために,こうこうそつぎょうとうきょうの大学へしんがくし,アートマネジメント(げいじゅつけいえい)を学んだあとみんかんぎょうしゅうしょくし,テレビきょくでイベントかくを,インターネットじょうほうメディアかいしゃこうこくえいぎょうをしていました。
メディアをかつようしたじょうほうはっしんやイベントかくは,りょくてきですが,なによりたいせつなことは,つたえたいもののほんしつてきみがき上げることです。
西さいじょうちゅうしんとしたひめけんとういきにはりょくがたっぷりあるのに,そのりょくかしきれていないと思っていました。だからこそ,プロデュースというごとつうじて,このらしいいきないがいてきかくつたえるために,まずはいっいっ魅力みりょくある素材そざいみがき上げるおつだいをしています。それは,みんながよろこ魅力的みりょくてき地域ちいきをつくっていきたい,というおもいをつづけているからです。

なにかひとつ,あなただからこその「」はありますか?

<ruby><rb>何</rb><rp>(</rp><rt>なに</rt><rp>)</rp></ruby>かひとつ,あなただからこその「<ruby><rb>価</rb><rp>(</rp><rt>か</rt><rp>)</rp></ruby><ruby><rb>値</rb><rp>(</rp><rt>ち</rt><rp>)</rp></ruby>」はありますか?

みなさんにはべんきょうでもうんどうでもあそびでも,なんでもいいので,ちゅうになれることを見つけて,「わたしとくなことは○○です」としんってつたえられるようになっていただきたいです。なにか一つ,いっしょうけんめいがんったとおもえることがあれば,もしたいへんごときたとしても,かならえていけるからです。そして,それぞれのとくぶんかして,ほんのすこしでも,みなさんがかんがえる「まち」にかかわってもらえると,もっともっとたのしく,ほこれるいきになるとおもっています。いきづくりにわりはないので,しょうらい西さいじょう市をはじめとういきうちいきごとに,いっしょかかわることができたらさいこうですね。

  • 取材・原稿作成:取材・原稿作成:西条市産業経済部産業振興課/編集:東京書籍株式会社

私のおすすめ本

  • 南の島の星の砂

    Cocco

    美しく楽しい発見に出逢える絵本。よく眺めていました。

  • マイ・グランドマザーズ

    やなぎみわ

    50年後の自分をイメージして生きたいと思った本。同じ名前のページに,わくわくしていました。