鵜匠(うしょう)

鵜匠
という鳥をいならしてアユなどの魚をとる漁法が「い」で,このいをしょくぎょうとするのがしょうです。いはちくがわりゅういきなど各地で行われていますが,けんなががわで行われるいがもっとも有名です。ふねかがりをたいてアユをさそせてにとらせ,がアユを飲みこんだところで引き上げて,アユをかせます。の首の付け根にはひもが付けられていて,小さなアユはが食べられるようになっており,大きなアユは首のところで止まるようになっています。しょうはそれぞれのをつないだなわあやつり,なわがからまないようにさばきながら漁をします。

「鵜匠」の仕事内容と共通点がある職業

仕事人インタビュー

杉山 秀二
鵜という鳥を用いる伝統的な漁法“鵜飼”で,長良川のアユを獲る。