革製品製造工(かわせいひんせいぞうこう)

革製品製造工
牛や馬,(ぶた)など様々(さまざま)な動物からとれる(かわ)を加工し,(かばん)財布(さいふ)などの製品(せいひん)を作るのが,(かわ)製品(せいひん)製造(せいぞう)工です。
型紙作成から(かわ)の手配,(かわ)断面(だんめん)磨き上(みがきあ)げ,ミシンがけなど多くの工程(こうてい)があります。使いやすく長持ちする製品(せいひん)をつくるには職人(しょくにん)としての(うで)が必要な仕事です。
(かわ)製品(せいひん)製造(せいぞう)工になるのに,特別な資格(しかく)は必要ありません。小さな(かわ)加工の工房(こうぼう)に弟子入りする場合や,(かわ)の加工や製品(せいひん)作りの技術(ぎじゅつ)を学べる専門(せんもん)学校へ入る人もいます。

仕事人インタビュー

篠原 智明
グラブの品質管理,生産,修理,加工を行う。
浮田 靖兼
一枚の革から切る,縫うといった加工をして,靴やカバン,財布などの商品を作る。