水産加工(すいさんかこう)

水産加工
魚や貝,かいそうなどの水産物を原材料として調理・味付けを行い,食料などの水産加工品をせいぞうするのが水産加工の仕事です。かまぼこなどの「ねりせいひん」,しおけなどの「えんぞう品」しやしわかめなどの「かんせいひん」,まぐろフレークなどの「かんづめ」,小魚などを使った「つくだ」,シーフードミックスなどの「れいとう食品」などの「かいそうかんせいひん」など,さまざまな水産加工品がそんざいします。生のぎょかいるいへんしつはいしやすいため,昔からしやしおけなど,ぞんせいを高めるための加工が古来からさまざまに行われてきました。
水産加工品のせいぞうにあたっては,まずは原料となるぎょかいるいの仕入れから始まります。ぎんしたうえで原料を仕入れ,加工品ごとにさまざまなじゅつを用いて加工をおこないます。加工品によりますが,加工にあたってのじゅつの習得には何年もかかるものがあり,おくの深い仕事です。

「水産加工」の仕事内容と共通点がある職業

「水産加工」の他の呼び方:水産ねり物製造、魚介干物製造

仕事人インタビュー

西口 弘
地元の魚でおいしい丸干しや干物をつくる。
山ちゃん
かまぼこを製造し、販売する