FamilyMart

<紙すき>の仕事

高知県梼原町

ロギール・アウテンボーガルトさん

  • 和紙の原料になる植物にはミツマタやコウゾがあります。ロギールさんの和紙作りは,自分の畑で原料の植物を育てることから始まります。農薬もりょうも使わずに原料の植物を育てて,和紙を作ります。手間はかかりますが,こだわりのさいばいから,ひんしつのよい紙が生まれます。
  • ロギールさんがけいえいする民宿「かみこや」は,2006年にオープン。こうぼうしきに作られています。この民宿では,宿しゅくはくしながら紙すき体験をすることができます。部屋のかべあかりにはロギールさんがすいた和紙がインテリアとして使われ,あたたかいふんをかもし出しています。
  • こうぼうのある高知県ゆすはらちょうは,きれいな水と自然に囲まれたところです。高知県は昔から和紙の原料となるミツマタやコウゾの産地です。こうぼうがあるのはゆすはらでも標高の高いところで,冬には雪が積もります。あたたかいと原料がはっこうしてしまうので,この寒さが紙づくりにてきしているのです。
  • 寄付協力:株式会社ファミリーマート
  • 協力:林野庁/公益社団法人国土緑化推進機構/NPO法人共存の森ネットワーク
  • イラスト:平田 美紗子(林野図書資料館)